開発者コンソール

iOS CocoaPodsのサポート


iOS CocoaPodsのサポート

モバイル広告SDKの統合と更新がより簡単になりました。モバイル広告SDKをCocoaPods経由で利用することができます。CocoaPodsは、iOSなどのさまざまなApple OSプラットフォームでよく使用されているライブラリ依存関係マネージャーです。アプリプロジェクトのPodfileに数行の構成を追加するだけでSDKを統合して、常に最新バージョンに保つことができます。

Amazonモバイル広告APIを使用すると、Android、iOS、Fire OSを搭載したスマートフォンやタブレットでアプリやゲームの収益化を実現できます。米国、ヨーロッパ、日本のAmazonをはじめとするブランド広告主から、関連性の高い広告がAmazonモバイル広告ネットワークを通じて配信されます。

手順:

  1. CocoaPodsコマンドラインツールをインストールします。CocoaPodsをインストールする方法の詳細については、このリンクをクリックしてください。
  2. iOSアプリのルートディレクトリに移動します。ルートディレクトリには、*.xcodeprojファイルが含まれている必要があります。
  3. 新しいPodfileを以下のテキストで作成します。

    # プロジェクトのグローバルプラットフォームを定義するには、次行のコメントを解除します
    # platform :ios, '9.0'
    
    target 'MyApp' do
       pod 'AmazonAd'
    end
    

    上記のPodfileテキストは、アプリプロジェクトに応じて異なる場合があります。CocoaPodsを使用するアプリプロジェクトが既にある場合は、アプリのターゲットに以下を追加します。

    pod 'AmazonAd'
    

    上記のコマンドは、アーティファクトの検索時に最新のAmazonAdフレームワークを検索します。また、以下のようにダウンロードするバージョンを指定することもできます。

    pod 'AmazonAd', '~> 3.0.0'
    
  4. コマンドラインでpod installコマンドを実行します。これにより、CocoaPodsが自動的にAmazon広告SDKをアプリプロジェクトに統合します。
  5. これで、アプリプロジェクトがAmazon広告SDKで構成されたはずです。開発を始める際は、*.xcodeprojファイルではなく、*.xcworkspaceファイルを含むプロジェクトをXcodeで開いてください。