IOS Concepts

iOS向けモバイル広告の概念

広告のタイプ

Amazonモバイル広告ネットワークは、静的なクリックスルーバナー、エクスパンド型リッチメディアバナー、およびインタースティシャル広告の3種類の広告をサポートしています。

静的バナー - 静的バナーとは、通常はアプリ内ブラウザーまたはネイティブブラウザーを開くHTMLウェブビューです。

エクスパンド型リッチメディアバナー - エクスパンド型リッチメディアバナーとは、アプリ内でエクスパンドされる形式の、インタラクティブなリッチメディアコンテンツ(ビデオ再生など)を含むHTMLウェブビューです。これらの広告内では、アプリ内ブラウザーまたはネイティブブラウザーを開くアクションなどを呼び出すのが一般的です。

インタースティシャル広告 - インタースティシャル広告とは、通常はアプリ内で遷移(ゲームレベルの遷移など)が発生する際に表示される全画面の広告です。全画面の広告は、広告主がユーザーに向けて有意な働きかけを行う機会となるため、開発者にとっては優れた収益源になります。詳しくは、以下を参照してください。

  • インタースティシャル広告は、インタラクティブなアプリ内ユーザーエクスペリエンスをサポートします。
  • インタースティシャル広告は表示される前にバックグラウンドに読み込まれます。したがって、広告を実際に表示するタイミングになると、画面に瞬時に表示されます。
  • 広告を閉じるにはユーザーアクションが必要です。広告を閉じるオプションが必ず提示されます。
  • 読み込まれた後、表示されないまま一定期間を経過したインタースティシャル広告は、最終的には有効期限切れになります。有効期限が切れた場合は、次に表示する新しいインタースティシャル広告を読み込む必要があります。

ディスプレイインタースティシャル - ディスプレイインタースティシャルは、静的画像またはリッチメディアのコンテンツです。これらは、ビデオコンテンツをユーザーに表示したり、任意の数のiOSインテント、ネイティブブラウザー、またはアプリ内のブラウザーを起動したりするのに使用できます。ディスプレイインタースティシャルでは、ビデオコンテンツを表示できますが、ユーザーが広告のコンテンツを操作して初めてビデオが表示されます。ビデオは、ネイティブビデオプレーヤーに表示されます。

広告のサイズ

Amazonモバイル広告ネットワークは、スマートフォン用のバナー広告サイズとして300x50、320x50、300x250をサポートし、タブレット用のバナー広告サイズとして728x90、1024x50、300x250をサポートしています。アプリ側は、端末に適したサイズの広告をリクエストする必要があります。以下に、Objective-Cのコードで適切なサイズのAmazonAdViewを設定する方法の例を示します。

メモ: 広告サイズの設定方法は、静的なバナー広告とリッチメディアバナー広告を使用する場合にのみ選択する必要があります。インタースティシャル広告は、現在の端末の画面サイズに応じて伸縮するため、サイズを事前定義する必要はありません。

self.amazonAdView = [AmazonAdView amazonAdViewWithAdSize:AmazonAdSize_320x50]

各種の広告サイズは、以下のように定数としてAmazonAdOptionsに宣言されています。

  • extern const CGSize AmazonAdSize_320x50;
  • extern const CGSize AmazonAdSize_300x50;
  • extern const CGSize AmazonAdSize_300x250;
  • extern const CGSize AmazonAdSize_728x90;
  • extern const CGSize AmazonAdSize_1024x50;
広告のサイズ iPhoneおよびiPod iPad
300x50 ×
320x50 ×
300x250
728x90 ×
1,024x50 ×

ファーストビュー

広告はすべてファーストビュー(スクロールしなくても広告全体を見られる領域、Above the Foldとも呼ばれます)に置く必要があります。広告を画面内のコンテンツに埋め込む場合は、広告がファーストビューから始まっていれば、コンテンツと一緒にスクロールされ画面から消えても構いません。

広告の再読み込みレート

Amazonモバイル広告ネットワークでは、画面のナビゲーション時や、端末の向きが変化して広告ビューのサイズが変化したときに、新しい広告を読み込むことを推奨しています。また、一定間隔ごとに広告を更新することもできます。その場合は、更新間隔を30~60秒に設定することを推奨します。それよりも短い間隔で広告を更新しようとすると、広告リクエストがブロックされることがあります。Amazonモバイル広告APIには広告の自動更新機能が組み込まれていないことに注意してください。

広告カテゴリ

Amazonモバイル広告ネットワークでは、2種類の広告カテゴリをサポートしています。これらのカテゴリでは、2種類の異なるユーザーエクスペリエンスが提供されるので、広告主は複数の方法でユーザーにアプローチでき、また開発者はユーザーに対して魅力的な広告を異なるエクスペリエンスを通して提供できます。各広告カテゴリは、AmazonのiOS向けモバイル広告SDKで、広告ターゲットオプションを使用して無効または有効にできます。

ディスプレイ広告 - ディスプレイ広告は、静的画像またはリッチメディアのエクスペリエンスを提供します。通常、静的画像では、ユーザーが広告をクリックしたときに1つの操作が実行されます。一方、リッチメディアコンテンツは、複数の操作が可能なインタラクティブなエクスペリエンスをユーザーに提供します。ディスプレイ広告では、ビデオを表示できます。ただし、ネイティブビデオプレーヤー内でのみ表示でき、ユーザーがビデオ再生開始の操作を行って初めてビデオを再生できるという制限があります。ビデオのデータは、ビデオ再生開始の操作が行われるまでは、ユーザーの端末に対してストリーム配信されません。