iOSアプリのテストについて


iOSアプリのテストについて

テスト

Amazonモバイル広告APIの開発、統合、テストの際は、すべての広告リクエストがテストであることを明示する必要があります。テストリクエストはメトリックには表示されません。

テストを有効にするには、広告の読み込みを試行する前に、以下の呼び出しを行います。

AmazonAdOptions *options = [AmazonAdOptions options];
options.isTestRequest = YES;

重要: 本番リリースに対してはテストを無効にしてください。本番リリースに対してはテストを無効にしてください。テストとして設定されていないテストトラフィックは、ブロックされたり、不正使用調査の対象になったりすることがあります。また、場合によっては、アカウント停止の原因になることもあります。

デバッグ

Amazonモバイル広告APIを使用してアプリのテストとデバッグを行うときは、コンソールへのメッセージの書き込みを有効にできます。

ログ記録を有効にするには、広告の読み込みを試行する前に、以下の呼び出しを行います。

[AmazonAdRegistration sharedRegistration] setLogging:YES];

重要: 本番リリースに対してはログ記録を無効にしてください。

開発者向け事前チェックリスト

iTunesストアに登録するアプリは、事前に以下の条件を満たしている必要があります。

広告機能(isTestRequestYESに設定されている)

  • Amazon Cloud Playerのバナー広告からiTunes配信ストアが正しく表示されるかどうか。
  • Amazon Cloud Playerのバナー広告について、広告のバナーに配置されるAd Choicesリンクからアプリ内ブラウザに [Amazon Advertising Preferences] ページが表示されるかどうか。
  • Pinzonバナー広告からアプリ内ブラウザにPinzonモバイルブランドのページが正しく表示されるかどうか。
  • Pinzonのバナー広告について、広告のバナーに配置されるAd Choicesリンクからアプリ内ブラウザに [Amazon Advertising Preferences] ページが表示されるかどうか。
  • アプリを回転する場合は、回転イベントで広告の再読み込みが行われるかどうか。
  • Amazon Kindleの広告がエクスパンドするかどうか。
  • Amazon Kindleの広告からアプリ内ブラウザにモバイル向けAmazonウェブサイトへのモバイル広告が表示されるかどうか。
  • Amazon Kindleの広告がビデオを再生するかどうか。
  • Amazon Kindleの広告について、広告のバナーに配置されるプライバシーリンクとエクスパンドされた広告の両方からアプリ内ブラウザに [Amazon Advertising Preferences] ページが表示されるかどうか。
  • アプリにインタースティシャル広告を読み込む場合は、その広告のクリックによりアプリ内ブラウザにウェブサイトが表示されるかどうか。
  • アプリにインタースティシャル広告を読み込む場合は、隅に配置されるAd Choicesリンクからアプリ内ブラウザに [Amazon Advertising Preferences] ページが表示されるかどうか。

ユーザーエクスペリエンス(isTestRequestYESに設定されている)

  • サンプル広告が読みやすいかどうか (伸縮/傾斜は最小限かどうかなど)。
  • 広告の読み込みに時間がかかる場合に、アプリのユーザーエクスペリエンスに影響があるかどうか。
  • 広告の読み込みに失敗した場合に、アプリのユーザーエクスペリエンスに影響があるかどうか。
  • 広告バナーが、デバイスやアプリのコントロールから離れた位置にあるかどうか。
  • 広告バナーに閉じるボタンがある場合は、ボタンが広告コンテンツの邪魔になっていないかどうか (推奨される位置: 閉じるボタンを右上隅に配置する)。
  • 広告の自動再読み込みを少なくとも30秒間隔で行っているかどうか (推奨:30秒間隔)。
  • アプリにインタースティシャル広告を読み込む場合は、画面に広告が表示される前にアプリの機能が停止するかどうか (停止する場合は、表示されるタイミングまでに広告の読み込みを済ませてください)。
  • アプリにインタースティシャル広告を読み込む場合は、広告が突然表示されてユーザーアクティビティを邪魔していないかどうか。

アプリ構成(isTestRequestNOTに設定されているか、NOに設定されている)

  • リクエストがテストリクエストフラグなしに送信されているかどうか。 たとえば、アプリがAmazonAdOptions isTestRequestプロパティを設定したり、そのプロパティをNOに設定したりしていない。
  • デバッグログ記録フラグを有効にせずにリクエストが送信されているかどうか。 たとえば、アプリがAmazonAdRegistration setLoggingメソッドを呼び出したり、NOを引数として渡したりしていない。
  • リクエストが正しいアプリキーと共に送信されているかどうか。

重要: これらの条件を満たしていないアプリは不適当と見なされ、Amazonモバイル広告ネットワークからブロックされる可能性があります。