開発者コンソール

配信に関するその他のポリシー


配信に関するその他のポリシー

Amazon開発者プログラムを利用すると、ユーザーがアプリにアクセスし、アプリを購入・ダウンロード・使用できるようになります(Amazon開発者プログラムとアプリのそれぞれの定義については、Amazon Developer Services Agreementを参照してください)。このページのポリシーは、Amazon開発者プログラムを通じたアプリの配信に適用されます。

  • アプリの検出。ユーザーがアプリを見つけるには、いくつかの方法があります。たとえば、Amazonアプリストアで検索クエリを入力して検索結果を表示する、カテゴリーで選ぶ、共通の属性(「ダウンロード済み」など)で閲覧するなどの方法のほか、Amazonアプリストア内に行・ハイライト・プロモーション枠が表示されている場合は、これらの機能を使用してコンテンツを見つけることもできます。Amazonでは、これらの機能で表示するアプリを選択する際に、さまざまな要素を考慮しています。たとえば、アプリ名や開発者提供のメタデータとクエリとの関連性、コンテンツの人気(評価、レビュー、エンゲージメント指標など)、ユーザーアクティビティとパーソナライゼーション(最近開いたアプリを「最近閲覧した項目」に含めるなど)、価格、マーケティングや戦略的目標との整合性(人気スポーツイベントのテレビ放送に先立つスポーツアプリのハイライト表示、ゲームアプリの特別プロモーション実施など)、Amazonの商業的利益や契約上のコミットメント(プロモーション枠内にアプリを掲載する契約への同意など)といった要素です。Amazonでは、アプリだけでなく、Amazon独自のサービスを紹介することもあり、場合によってはAmazonのサービスが優先されます。たとえば、プロモーション枠では、特定のAmazonコンテンツが開発者のアプリコンテンツよりも頻繁に取り上げられることがあります。

    Amazon開発者プログラムでアプリの視認性を高めるには、提供するアプリ情報を、包括的で関連性が高く、正確かつ最新なものにする必要があります。また、ユーザーがより簡単にコンテンツを見つけられるようにAmazonが提供する機能と統合することも必要です。たとえば、アプリのコンテンツカタログ情報を統合すれば、ユーザーはアプリ外でもタイトルを見つけることができます。また、音声機能を統合すると、コンテンツの検索、再生、再生制御を音声で行えるようになります。詳細については、開発者ポータルを参照してください。

    また、Amazonの広告プログラムに参加して、ユーザーが製品やサービスを見つけやすくすることもできます。たとえば、Amazonアプリストア内(スポンサー枠の行やタイルなど)や、Amazonのウェブサイト、アプリに広告を表示できます。詳細については、開発者ポータルを参照してください。

  • データへのアクセス。Amazonでは、アプリ開発者から提供された情報、ユーザーから提供された情報、Amazon開発者プログラムに関する情報をさまざまな方法で使用します。

    Amazonでは、開発者がAmazonを信頼して自社の情報を提供していることを認識しています。開発者固有の非公開情報は、開発者のサポート、Amazon開発者プログラムの運用、ユーザーエクスペリエンスの保護を目的として使用されます。たとえば、開発者の連絡先情報と支払い情報は、開発者との関連性の高い新機能の通知、アプリの販売によるロイヤリティの支払い、Amazonのポリシーに違反している可能性のある開発者の識別のために使用されます。アプリ固有の売上とエンゲージメントのデータは、開発者のサポート、Amazonの製品やサービスの提供と改善、ユーザーエクスペリエンスの向上、パフォーマンスのモニタリングと追跡、ユーザーへのマーケティングと宣伝のために使用されます。たとえば、アプリのエンゲージメントデータは、Amazon開発者プログラムにおけるアプリの相対的なパフォーマンスの測定や、ユーザーへのより関連性の高いおすすめの表示に使用されます。

    ここに記載のとおり、Amazonは開発者との契約に従って、開発者固有の非公開情報を共有します。Amazonは、Amazon開発者プログラムに関連する役割を果たしているサードパーティサービスプロバイダーや、Amazon開発者プログラムに関連して開発者が取引しているサードパーティと情報を共有する場合があります。また、企業が万が一売却・合併された場合に譲渡される企業資産として、あるいはAmazonとその他の企業の保護を目的として情報が共有される場合もあります(法律の遵守、契約の遂行、Amazon、Amazonのユーザー、サードパーティの権利、財産、安全の保護のために適切な場合など)。Amazonは、アプリがAmazon開発者プログラムから削除された後も、開発者固有およびアプリ固有の情報を保持する場合があります。

    Amazonは、適用されるプライバシー規約に従ってユーザーの個人情報を取り扱います。Amazonでは、共有される可能性のある個人情報の量を制限し、ユーザーに対して透過的な方法でその情報を共有するよう製品やサービスを設計しています。Amazon開発者プログラムのプライバシー要件やその他の要件に準拠している限り、開発者はユーザーやアプリの使用状況データをアプリから直接収集できます。

    開発者は、Amazonが運営する開発者ポータルで、Amazon開発者プログラムで提供されるアプリのパフォーマンスとエンゲージメントを追跡するための資料、レポート、ツールにアクセスできます。また、この開発者ポータルでは、開発者が利用できる新しい機能やサービスに加え、アプリのエンゲージメントを高めるための業界のトレンドやベストプラクティスに関する情報も共有しています。

  • ご意見・ご質問。アプリ申請の却下、アプリ提供の一時停止、開発者アカウントの停止に関するご意見やご質問は、こちらの開発者サポートチャネルからご連絡ください。登録した事業所が欧州連合(EU)または英国にあり、Amazonがこれらの問題を解決できない場合は、調停を申し立てることができます。申し立てが受理された場合、調停は紛争解決センター(CEDR)によって行われ、同組織の調停役の中から担当の調停役が選任されます。