知的財産、欺瞞的行為、スパムに関するポリシー


知的財産、欺瞞的行為、スパムに関するポリシー

このページでは、知的財産(IP)、欺瞞的行為、スパムに関するAmazonアプリストアのポリシーについて説明します。

以下の各セクションでは、Amazonアプリストアのコンテンツポリシー違反によって却下の対象となるアプリの具体例を示します。ここで取り上げる例がすべてを網羅しているわけではありません。また、新たな問題の発生に伴って具体例が変更される場合があります。

サードパーティの知的財産権(著作権、商標権、肖像権)を侵害するアプリ(アプリのメタデータを含む)の配信は禁止されています。ここで説明するガイドラインは、Amazonおよびその商標とブランドの利用にも適用されます。詳細については、Amazonの商標使用ガイドラインを参照してください。

IP違反の回避

サードパーティが著作権を持つコンテンツや商標登録されたコンテンツ、著名人の名前・画像・肖像を利用したコンテンツを使用する場合は、事前に許可を得る必要があります。このようなコンテンツの使用が非公認であることや、知的財産の所有者とは提携していないことを記した免責条項を用意すれば、サードパーティの知的財産権を侵害することはないと考える開発者はたくさんいます。しかし、そのような認識は間違いです。情報の開示や免責条項の有無にかかわらず、サードパーティの知的財産を無許可で使用することは、知的財産権の侵害になり得ます。

Amazonを介したアプリ配信に必要な知的財産権を保有する責任は、開発者側にあります。アプリとそのコンテンツにおける権利をすべて保有しているかどうかが不明な場合は、弁護士に相談してください。

IP違反の例

  1. 使用許可を得ずにサードパーティの人気キャラクター(例:ミッキーマウス)をアプリで使用した場合
  2. サードパーティが開発した既存のアプリを自分(自社)のものとして再配布した場合
  3. サードパーティのアートワークやプロモーション画像を許可なくアプリやゲームで使用した場合
  4. 著作権で保護されたコンテンツを完全に複製または翻訳した場合

欺瞞的行為

Amazonでは、ユーザーを故意に欺くアプリは禁止されています。

欺瞞的行為を行うアプリの例

  1. ユーザーの個人情報を盗むなど、悪意のある機能が搭載されている場合
  2. 機能がいたずら目的であることを商品説明に明示していない場合
  3. Amazonによる資金提供や推奨をほのめかしている、またはAmazonとの関係を不正確に説明している場合
  4. 人気ブランドによる資金提供や推奨をほのめかしている、またはそのブランドとの関係を不正確に説明しているアプリ

スパム

Amazonでは、アプリからユーザーに迷惑メッセージを送ることを禁止しています。