開発者コンソール

参照ビデオスキルのインストール、ビルド、デプロイ


参照ビデオスキルのインストール、ビルド、デプロイ

参照ビデオスキルのビルドとデプロイに必要なすべてのコンポーネントをインストールするには、以下の手順に従います。

手順1: マルチモーダル参照ソフトウェアプロジェクトをダウンロードする

https://github.com/alexa/alexa-video-multimodalにある、プロジェクトのGitHubリポジトリをクローンします。

手順2: プロジェクトをビルドする

手順を進める前に、コンピューター環境が必要な要件をすべて満たしていることを確認します。確認ができたら、以下の手順を実行します。

  1. コンピューターで、プロジェクトのフォルダに移動します。
  2. 移動先のフォルダで、PowerShell(Windows)またはターミナル(macOS)を管理者として開きます。
  3. cd infrastructureを実行します。
  4. npm run releaseを実行します。

手順3: CLIツールを使用する

  1. PowerShell(Windows)またはターミナル(macOS)で、次のCLIコマンドを実行します。使用しているOSに応じて、以下のいずれかのコマンドをコピーし、貼り付けて実行してください。

    Windows
    node ./dist/bin/alexa-video-infrastructure-cli --init
    
    macOS
    ./dist/bin/alexa-video-infrastructure-cli --init
    
  2. プロンプトに従って操作を進めます。

    • testskillなどのプロジェクト名を使用します。

    • test skill echo showなどのスキル名を入力します(プロジェクト名とは異なっていても構いません)。
    • 矢印キーを使用してUnited Statesなどの配信国を選択し、Enterキーを押します。
    • スペースバーを使用して、1つ以上のロケールを選択します(例:en-US)。
    • Enterキーを押して続行します。
    • プロジェクトのルートフォルダへのパスを入力します。
    • セキュリティプロファイルのクライアントIDを入力します。
    • セキュリティプロファイルのクライアントシークレットを入力します。
    • AWSアクセスキーIDを入力します。
    • AWSアクセス用のシークレットアクセスキーを入力します。
    • 提供されたURLをコピーしてブラウザに貼り付け、認証コードを取得します。
    • 必要に応じて、開発者コンソールの認証情報を使用し、セキュリティプロファイルにログインできるようアクセスを許可します(リクエストされた場合)。
    • PowerShellまたはターミナルに認証コードを貼り付けます。

  3. ビデオスキルをデプロイするには、PowerShellまたはターミナルで2つ目のCLIコマンドを実行します。

    Windows
    node ./dist/bin/alexa-video-infrastructure-cli --deploy
    
    macOS
    ./dist/bin/alexa-video-infrastructure-cli --deploy
    

コンテンツとビデオスキル

ビデオコンテンツを確認するには、AWSコンソールのS3バケットにアクセスし、最後に作成されたバケットに移動します。サンプルビデオコンテンツは、contentフォルダで確認できます。

ビデオスキルのS3バケット
ビデオスキルのS3バケット

また、Alexa開発者コンソールで新しく作成したスキルを確認することもできます。

Alexa開発者コンソールのビデオスキル
Alexa開発者コンソールのビデオスキル

[編集] をクリックして、ビデオスキルの設定を確認します。また、[言語固有の設定] セクションで、背景画像やロゴ画像を更新することもできます。

ビデオスキルの背景画像とロゴ画像
ビデオスキルの背景画像とロゴ画像

次のステップ

次は、Echo Showデバイスでビデオスキルをテストします。