開発者コンソール

エラー処理


エラー処理

エラーが発生した場合、Alexaが具体的なアクションを行えるように、レスポンスでエラーコードを返す必要があります。

エラーメッセージの構造

ErrorResponseイベントのペイロードでは、typemessageを指定する必要があります。

  • type: 発生したエラーの種類を示す有効なエラータイプの値のいずれか。Alexaはこの属性を使用して、ユーザーに適切に対応します。
  • message: エラーについての詳しい情報を提供する文字列。この情報はユーザーには共有されません。

検索結果が見つからない場合

マルチモーダルデバイスのビデオスキルでは、検索結果が見つからない場合、次のエラーを使用する必要があります。

エラータイプ 説明
CONTENT_NOT_FOUND ディレクティブで送信された条件ではコンテンツが見つからない、またはコンテンツのプロバイダーでコンテンツが認識されていないことを示すには、この値を使用する必要があります。

エラーの例: CONTENT_NOT_FOUND

{
    "event": {
        "header": {
            "messageId": "4e02d3c8-85e8-4e32-8a1b-08c1d52122ad",
            "correlationToken": "dFMb0z+PgpgdDmluhJ1LddFvSqZ/==",
            "name": "ErrorResponse",
            "namespace": "Alexa.Video",
            "payloadVersion": "3"
        },
        "endpoint": {
            "scope": {
                "type": "DirectedUserId",
                "directedUserId": "access-token-from-Amazon"
            },
            "endpointId": "videoDevice-001"
        },
        "payload": {
            "message": "Alexaによってログに記録されるエラーに関する追加情報",
            "type": "CONTENT_NOT_FOUND"
        }
    }
}

エラータイプ

typeで使用するすべてのオプションを次の表に示します。

タイプ 説明
CONTENT_NOT_FOUND ディレクティブで送信された条件を満たすコンテンツが見つからない場合、またはコンテンツプロバイダーによってコンテンツが認識されない場合は、この値を使用します。
INVALID_AUTHORIZATION_CREDENTIAL リクエスト内の認証情報が無効です。たとえば、ユーザーのアカウントで、OAuth 2.0アクセストークンが有効ではありません。
EXPIRED_AUTHORIZATION_CREDENTIAL リクエスト内のOAuth 2.0アクセストークンの有効期限が切れています。