リリースノート


リリースノート

レポート機能製品リリースの新規および更新された機能

リリース20181231

新規および更新された機能

  • Amazonアプリストアダッシュボードで、特定の期間(最大3か月間)の売上データを表示するフィルターを適用できるようになりました。
  • ダウンロードセンターから定期購入型アイテムレポートをダウンロードできるようになりました。

リリース20181015

新規および更新された機能

  • 新しい概要ページでは、過去1週間、1か月間、1年間のAmazonアプリストアの実績を示す単一のスナップショットが提供されます。
  • アプリを1つまたは複数に絞り込んで、選択したアプリ、IAP、アプリに関連付けられた定期購入型アイテムの複数のマーケットプレイスでの実績を、主要な傾向についての情報と共に確認できます。
  • ダウンロードセンターと呼ばれる単一の場所から、すべてのCSVファイルとレポートをダウンロードできます。どのように売上と収益がもたらされたかを把握するために、トランザクションレベルの売上データを表示できます。各トランザクションについて、サマリーだけでなく、アプリ別の収益が示されるようになりました。
  • 1か月ごとの収益と支払いのデータが1つのレポートにまとめられ、マーケットプレイス別または月別にソートできます。レポートに支払いのステータスを逐次伝え遅延について説明するためのステータスフラグが追加されました。
  • 以前のリリースでは、売上レポートと収益明細が別のタイムゾーンに基づいていました。そのため、指定されたタイムゾーンで実際の売上額を収益明細と照合した場合、金額が一致しませんでした。このリリースから、すべての売上と収益をマーケットプレイスのタイムゾーンに基づいて計算することとなったため、数字が正確に一致します。
  • AmazonアプリストアのデータとTwitchデータが別のタブに表示されるようになりました。
  • システムのパフォーマンスを高めるために、すべての売上、収益、支払いデータの提供を当年と過去3年間に限定します。
  • 以前のリリースでは、Undergroundの売上データがコンソールで別途提供されていました。このリリースから、Undergroundの売上データはダウンロード可能なトランザクションCSVファイルでのみ提供されます。
  • 以前のリリースでは、前年の期間を任意に選択し、コンソールでレポートを表示できました。このリリースから、データを表示できる期間は過去1週間、1か月間、1年間となります。CSVファイルをダウンロードすれば、より詳細な分析を行えます。
  • 2018年1月以降、ダウンロード可能なCSVファイルにASINレベルの収益が示されるようになりました。2018年1月以前の請求書では、ASINレベルの売上データを基にASINレベルの収益を把握できます(ロイヤリティ支払い額を考慮)。
  • Internet Explorerブラウザは現在サポートされていません。