定期購入型アイテムレポート


定期購入型アイテムレポート

Amazonアプリストアの開発者コンソールでは、定期購入型アイテムレポートを確認・ダウンロードすることができます。このレポートには、Amazonアプリストアに登録したアプリにおける、定期購入型アイテムのアプリ内課金(IAP)に関する日次データが表示されます。データには、指定期間中に「アクティブ」「開始」「終了」「返金済み」ステータスとなった定期購入型アイテムの数が反映されています。

定期購入型アイテムレポートのダウンロード方法

定期購入型アイテムレポートのダウンロード手順は以下のとおりです。

  1. 左側にあるメニューで [ダウンロードセンター] をクリックします。
  2. メインパネルで [定期購入型アイテムレポート] をクリックします。
  3. ダウンロードするレポートの月をクリックします。
[カスタム] 期間のダイアログボックス

注:このCSVファイルは24時間ごとに更新されますが、データの更新に最大48時間を要する可能性もあります。

定期購入型アイテムレポートに関するよくある質問(FAQ)

Q: 定期購入型アイテムレポートは、Reporting APIを使用してダウンロードできますか?
現時点では、Reporting API経由で定期購入型アイテムレポートをダウンロードすることはできません。
Q: 定期購入型アイテムレポートでOPSと収益を調べることはできますか?
定期購入型アイテムレポートで提供されるのは、定期購入者数に関する情報です。定期購入型アイテムの売上と収益を調べる際は、[ダウンロードセンター] から売上レポートを入手してください。
Q: 定期購入型アイテムレポートには解約率の指標は表示されますか?
解約率の指標は組織によって計算方法が異なるため、定期購入型アイテムレポートには含まれていません。解約率を計算するには、定期購入型アイテムの日次データを使用してください。
Q: 定期購入型アイテムレポートにユーザー固有の情報は含まれていますか?
いいえ。このレポートには、特定の定期購入型アイテムの使用を開始・終了したユーザーの数が日次ベースで表示されますが、個人情報(PII)は一切含まれていません。
Q: 必要なフィルターを適用した後で、[サマリー] ページから元の情報をダウンロードすることはできますか?
現時点ではそのような機能はサポートされていません。

定期購入型アイテムレポートのフィールド

CSVファイルは、.csvという拡張子が付いたテキストファイルです。ローカライズされた文字列をサポートするには、CSVファイルにUTF-8エンコードを使用する必要があります。

CSVファイルの1行目にはそれぞれの列名、2行目以降には各列の情報が表示されます。

CSVファイルの各フィールドの説明は以下のとおりです。Amazonマーケットプレイス、ベンダーSKU、定期購入型アイテムのタイトル・期間は、開発者コンソールで定期購入型アイテムの設定を行った際に入力した値です。

フィールド 説明
Date 定期購入型アイテムの特定データが収集された日付です。 12/29/18
Marketplace 特定データに関連付けられているAmazonのマーケットプレイスです。 Amazon.com
App Title 定期購入型アイテムを提供しているアプリのタイトルです。 My Test App
ASIN 定期購入型アイテムのASIN(Amazon Standard Identification Number)です。Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10桁の番号を指します。 C00006M4PF
Vendor SKU 定期購入型アイテムのSKUです。 com.test.monthly
Subscription Title 定期購入型アイテムのタイトルです。 Test Monthly Subscription
Subscription Duration 定期購入型アイテムの有効期間です。 Monthly
Subscription Type 定期購入型アイテムのタイプを指し、値には trial(トライアル)またはpaid(有料)があります。 paid
Active 指定した日付の終了時(協定世界時の午後11:59)に「アクティブ」なステータスだった定期購入型アイテムの合計数です。 7261
Started 指定した日付に「開始」ステータスとなった定期購入型アイテムの数です。 163
Ended 指定した日付にキャンセルされたか、更新されずに「終了」ステータスとなった定期購入型アイテムの数です。 163
Refunded 指定した日付に「返金済み」ステータスとなった定期購入型アイテムの数です。 163