AndroidおよびFireアプリ用のLogin with Amazonの概要


AndroidおよびFireアプリ用のLogin with Amazonの概要

Android用のLogin with Amazon SDKを使用すると、開発者やユーザーにとって次のようなメリットがあります。

  • 簡単に統合できる: 下記の手順に沿ってSDK APIを使用すると、Login with Amazonを迅速にAndroidおよびFireアプリに統合できます。
  • 難しい作業はAmazonに任せる: SDK APIは、ログイン認証情報の確認からユーザーのアプリへのリダイレクトまで、ログインフロー全体に対処できます。したがって、開発者が複雑な作業に時間を割く必要がありません。
  • ユーザーに最適なログイン方法を提供する: SDKは、ユーザーに最も適したログイン画面と同意画面を自動的に表示します(詳細はこちら)。

Login with Amazon Android SDKのダウンロード

Login with Amazon Android SDKはこちらからダウンロード可能です。

要件

Android用のLogin with Amazon SDKを使用して、Android、Fire TV、FireタブレットのアプリにLogin with Amazonを追加できます。Android用のLogin with Amazon SDKと併せてAndroid Studioを使用することをお勧めします。Android StudioのインストールとAndroid SDKのセットアップの手順については、developer.android.comのAndroid SDKのダウンロードページを参照してください。

Android SDKをインストールしたら、お使いのAndroidにSDK Managerアプリがあることを確認します。Login with Amazon向けの開発には、SDK Managerを使用してAndroid 2.2以上(APIバージョン8)用のSDKプラットフォームをインストールする必要があります。SDK Managerの使用方法の詳細については、developer.android.comのSDKパッケージの追加に関する説明を参照してください。

SDKをインストールしたら、アプリを実行するためのAndroid仮想デバイス(AVD)を設定します。仮想デバイスの設定手順については、developer.android.comの仮想端末の作成と管理を参照してください。

開発環境を設定したら、Android用のLogin with Amazon SDKをインストールするか、サンプルアプリを実行します。 

Android用のLogin with Amazon SDKをアップグレードする

Android用のLogin with Amazon SDKの旧バージョンを最新バージョン(3.x)に今すぐアップグレードするには、こちらの手順を参照してください。

開始手順

AndroidアプリにLogin with Amazonを追加する方法については、以下のトピックを参照してください。これらの手順が完了すると、アプリに [Login with Amazon] ボタンが設定され、ユーザーがAmazonの認証情報を使用してログインできるようになります。

リファレンス

SDKリリースノート

旧ドキュメント