Login with Amazonに登録する


Login with Amazonに登録する

ウェブサイトでLogin with Amazonを使用するには、事前に、開発者コンソールでセキュリティプロファイルを登録する必要があります。登録時に、アプリの名前、ロゴ、プライバシーポリシーへのリンクを入力します。この情報は、ユーザーが当該ウェブサイトやモバイルアプリでLogin with Amazonを使用するたびに表示されます。

新しいセキュリティプロファイルを作成する

Amazon開発者コンソールでセキュリティプロファイルを作成済みの場合は、このセクションをスキップしてください。

  1. https://developer.amazon.com/loginwithamazon/console/site/lwa/overview.htmlにアクセスします。Login with Amazonのアプリ登録を行う開発者コンソールが表示され、ログインするよう求められます。開発者コンソールを初めて使用する場合は、アカウントをセットアップします。

  2. [セキュリティプロファイルを新規作成] をクリックします。[セキュリティプロファイル管理] ページが表示されます。

    1. [セキュリティプロファイル名][セキュリティプロファイルの説明] を入力します。セキュリティプロファイルによって、対象のアプリ(複数可)にユーザーのデータとセキュリティ認証情報が関連付けられます。[セキュリティプロファイル名] は、ユーザーがアプリとの情報共有に同意する際に同意画面に表示される名前です。この名前は、アプリの各バージョン(Android、iOS、ウェブサイト)に適用されます。

    2. 対象のアプリの [プライバシー規約同意用URL] を入力する必要があります。プライバシー通知URLは、会社またはアプリのプライバシーポリシーの場所(例:http://www.example.com/privacy.html)を示します。このリンクは、同意画面でユーザーに表示されます。これは、アプリの各バージョン(Android、iOS、ウェブサイト)に適用されます。

    3. アプリに [セキュリティプロファイル用ロゴ画像] を追加する場合は、[画像のアップロード] をクリックします。このロゴはサインイン画面と同意画面に表示され、開発者のビジネスやウェブサイトを表します。これは、アプリの各バージョン(Android、iOS、ウェブサイト)に適用されます。ロゴの高さの上限は50ピクセルです。それより大きい場合は50ピクセルに縮小されます。ロゴの幅に制限はありません。

  3. [保存] をクリックします。セキュリティプロファイルは次のように表示されます。

    作成されたセキュリティプロファイル

Login with Amazonで既存のセキュリティプロファイルを有効にする

上記の手順に従って新しいセキュリティプロファイルを作成した場合はこのセクションをスキップしてください。上記の手順を使用して作成したセキュリティプロファイルは既にLogin with Amazonで利用できるようになっています。

  1. https://developer.amazon.com/loginwithamazon/console/site/lwa/overview.htmlにアクセスします。開発者コンソールにログインするよう求められます。

  2. [セキュリティプロファイルを選択] をクリックし、ドロップダウンメニューから対象のセキュリティプロファイルを選択します。

    対象のセキュリティプロファイルのLWAを有効にする
  3. 右に表示される [確定] ボタンをクリックします。

  4. フォームが表示されるので、そこに同意画面の情報を入力してください。

    セキュリティプロファイルに同意画面の情報を追加する
  5. 対象のアプリの [プライバシー規約同意用URL] を入力する必要があります。プライバシー通知URLは、会社またはアプリのプライバシーポリシーの場所(例:http://www.example.com/privacy.html)を示します。このリンクは、同意画面でユーザーに表示されます。これは、アプリの各バージョン(Android、iOS、ウェブサイト)に適用されます。

  6. アプリに [セキュリティプロファイル用ロゴ画像] を追加する場合は、[画像のアップロード] をクリックします。このロゴはサインイン画面と同意画面に表示され、開発者のビジネスやウェブサイトを表します。これは、アプリの各バージョン(Android、iOS、ウェブサイト)に適用されます。ロゴの高さの上限は50ピクセルです。それより大きい場合は50ピクセルに縮小されます。ロゴの幅に制限はありません。

  7. [保存] をクリックします。画面がリフレッシュされ、[確定] ボタンの下に 「セキュリティプロファイルでLogin with Amazonが有効になりました」というメッセージが表示されます。

セキュリティプロファイルにウェブサイトを追加する

開発者コンソールでLogin with Amazonにセキュリティプロファイルを作成または既存のセキュリティプロファイルを有効にしたら、そのプロファイルでLogin with Amazonを使用するウェブサイトやモバイルアプリの設定を追加することができます。プロファイルにウェブサイトを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. https://developer.amazon.com/loginwithamazon/console/site/lwa/overview.htmlにアクセスします。
  2. アプリに使用するセキュリティプロファイルの [Web Settings] を選択します。
    1. 表から、変更するセキュリティプロファイルを選択します。
    2. [管理する] 列の操作ボタンアイコンにカーソルを合わせます。
    3. [Web Settings] メニューアイテムを選択します。注意: 目的のセキュリティプロファイルが表にない場合は、Login with Amazonでまだ有効になっていないことを意味します。この場合、一覧の上にあるドロップダウンメニューから [セキュリティプロファイルを選択] を選択し、[確定] をクリックします。[プライバシー規約同意用URL] の入力は必須です。[セキュリティプロファイル用ロゴ画像] のアップロードは任意です。どちらもサインイン画面と同意画面に表示されます。アプリのセキュリティプロファイルをまだ作成していない場合は、前述の「セキュリティプロファイルを登録する」を参照してください。
  3. [編集] をクリックします。
  4. ウェブサイトでLogin with Amazonを使用するには、[許可されたオリジン] または [許可された戻り先URL] のいずれかを指定する必要があります。ユーザーにポップアップで認証画面を提示する場合は、[許可されたオリジン] を指定します。認証画面にリダイレクトする場合は、[許可された戻り先URL] を指定します。
    • ウェブサイトでJavaScript用のLogin with Amazon SDKを使用する場合、[許可されたオリジン] にウェブサイトのオリジンを追加します。オリジンとは、プロトコル、ドメイン名、ポートの組み合わせです(例:https://www.example.com:8443)。[許可されたオリジン] では、HTTPSプロトコルを使用する必要があります。標準ポート(ポート80またはポート443)を使用している場合は、ドメイン名のみを指定する必要があります(例:https://www.example.com)。ここにドメインを追加すると、JavaScript用のLogin with Amazon SDKで、ログインプロセス中に直接ウェブサイトと通信できるようになります。ウェブブラウザは通常、特に許可されていない限りスクリプト間のクロスオリジン通信をブロックします。
    • ウェブサイトが、Login with Amazon認可サービスに対してHTTPSの呼び出しを行い、応答にredirect_uriを指定する場合は、リダイレクトURIを [許可された戻り先URL] に追加します。戻り先URLには、プロトコル、ドメイン、パス、クエリ文字列を指定します(例:https://www.example.com/login.php)。
  5. [保存] をクリックします。セキュリティプロファイルは次のように表示されます。
サンプルのウェブサイトの設定

セキュリティプロファイルを削除する

Amazonアプリストアを通じて配布するアプリに関連付けられていないセキュリティプロファイルは、必要に応じて削除できます。[セキュリティプロファイル管理] ページに移動し、プロファイルを選択して、[セキュリティプロファイルを削除] をクリックします。確認のウィンドウが表示されます。テキストフィールドに「削除」と入力し、[削除] をクリックして操作を確定します。

セキュリティプロファイルを誤って削除しても、[セキュリティプロファイル管理] ページから完全に復元できます。[削除されたセキュリティプロファイルを表示] ボタンをクリックし、復元したいプロファイルを選択して、[セキュリティプロファイルを復元] をクリックします。確認のウィンドウが表示されます。[復元] ボタンをクリックすると、ウェブ、Android/Kindle、iOSの各設定を含むセキュリティプロファイルを復元できます。