Amazon Fling SDK

Amazon Fire TV でリッチなマルチスクリーン体験を構築
始めるのは簡単

すでにアプリからのキャスティングに対応している方も、初めて導入する方も、以下の各資料を順にご確認ください。

Amazon Flingのドキュメント
概要に関するドキュメントを読む

Amazon Flingサービスの概要と、アプリに機能を組み込む方法を確認します。詳細を見る »

Amazon Fling SDK
Amazon Fling SDK

Amazon Fling SDKをダウンロードします。

開発環境をセットアップする
開発環境をセットアップする

Android StudioやEclipseのプロジェクトにSDKを組み込むセットアップ方法を確認します。詳細を見る »

Amazon Fling SDKを組み込む
SDKを組み込む

APIの実装方法や、Androidのマニフェストに権限を追加する方法を確認します。今すぐ読む »

Amazon Fling活用のメリット

スマートなアクセサリ

既にAmazon Fire TVアプリをお持ちの場合、Amazon Flingを使って再生の制御や「X-Ray」のような同期したエクスペリエンスを実現できます。ユーザーがリモートでFire TVアプリを見つけてインストールできるリモートインストールなど、他にもいくつかのサービスが利用できます。Unityに対応しており、モバイル端末からのリモートコントロールを通じてゲーム/ソーシャル環境を最適化するスマートゲームコントローラを作成できます。こうした新しいセカンドスクリーンシナリオの核となるエクスペリエンスをFire TVアプリで実現できます。

Amazon Fire TVでコンテンツをすばやく表示

柔軟でオープンなAmazon Fling SDKを使用すると、新たな方法でAmazon Fire TVにアプリを公開できます。既存のキャスティングアプリに簡単な変更を加えるだけで、コンテンツをAmazon Fire TVにフリングできるようになります。このSDKは、アプリをFire TVに接続するために必要なネットワーク検出と通信のテクノロジーへの対処が簡略化されるように設計されています。Fling SDKにより、ローカルネットワークを介したアプリ間通信が標準化されるため、開発者はユニークなユーザーエクスペリエンスを構築することに集中できます。

アプリのユーザーエクスペリエンス

ユーザーがiOS、Android、またはFire端末でアプリを使用している場合、Amazon Flingのアイコンがアプリに表示されます。ユーザーはそのアイコンにタッチして、コンテンツを自分のAmazon Fire TVに送信することができます。コンテンツをフリングする方法を説明する必要はありません。すべてのエクスペリエンスがアプリ内で起こるため、ユーザーは直感的に操作ができます。モバイルデバイスで操作を開始した後は、アプリとAmazon Fire TV Remoteのどちらでも好きな方でコンテンツ再生を制御できます。