Adobe AIRプロジェクトにプラグインを追加する方法


Adobe AIRプロジェクトにプラグインを追加する方法

アプリ内課金(IAP)v2 Adobe AIRプラグインを使用する場合は、Adobe AIRプロジェクトにIAPプラグインを追加する手順に従う必要があります。また、Androidにデプロイする場合は、IAP v2プラグインを使用するためにAdobe AIRアプリケーション記述子を更新する必要もあります。

モバイル広告Adobe AIRプラグインを使用する場合は、Adobe AIRプロジェクトにモバイル広告プラグインを追加する手順に従ってください。また、Androidにデプロイする場合は、モバイル広告プラグインを使用するためにAdobe AIRアプリケーション記述子を更新する必要もあります。

Adobe AIRプロジェクトにアプリ内課金(IAP)v2プラグインを追加する

プロジェクトのコードを記述する際に、APIパッケージをインポートする行を追加します。

import com.amazon.device.iap.cpt.*;

アプリ内課金(IAP)v2プラグインを使用するためにAdobe AIRアプリケーション記述子を更新する

IAP v2プラグインを使用したAdobe AIRアプリをAndroidにデプロイする場合は、コードをパッケージ化する前にAdobe AIRアプリケーション記述子を更新する必要があります。

  1. まず、アプリのアプリケーション記述子を変更して拡張機能を含めます。以下のコードを、アプリケーション記述子の<application>要素の子として追加してください。
        <extensions>
            <extensionID>com.amazon.device.iap.cpt.AmazonIapV2Extension</extensionID>
        </extensions>
    
  2. 次に、Androidにデプロイする場合は、AndroidのマニフェストでIAP Response Receiverを宣言する必要があります。以下のコードを、アプリケーション記述子の<application>要素の子として追加してください。
        <android>
          <manifestAdditions>
            <![CDATA[
              <manifest>
                <application>
                  <receiver android:name = "com.amazon.device.iap.ResponseReceiver"
                      android:permission = "com.amazon.inapp.purchasing.Permission.NOTIFY" >
                    <intent-filter>
                      <action android:name = "com.amazon.inapp.purchasing.NOTIFY" />
                    </intent-filter>
                  </receiver>
                </application>
              </manifest>
            ]]>
          </manifestAdditions>
        </android>
    

Adobe AIRアプリをビルドする(すべてのプラグイン向け)

Adobe AIRなどの開発ツールは、Amazonではなくサードパーティから提供されています。このようなツールのリンクをクリックすると、サードパーティのサイトに移動してダウンロードとインストールを行うことができます。

Amazon IAPプラグインを使用したAdobe AIRアプリをビルドするには、Adobe AIRとFlex SDKに付属するツールが必要です。これらのツールはhttp://flex.apache.org/installer.htmlから入手できます。詳細については、Adobe AIRのドキュメント(Adobe AIR用ネイティブ拡張の使用ADTによるパッケージ化)も参照してください。

必要なツールを入手したら、以下の手順に従ってアプリをビルドしてください。

  1. アプリをSWFファイルにコンパイルします。以下のamxmlcコマンドを使用すると、アプリをSWFファイルにコンパイルできます。

    amxmlc <アプリのソースファイルのパス> -compiler.include-libraries=<ANEファイルのパス> -swf-version=13 -output <出力先SWFファイルのパス>

  2. アプリの署名に使用する証明書を作成または取得します。iOSの場合は、Apple開発者アカウントを使用してAppleから証明書を取得する必要があります。Androidの場合は、以下のadtコマンドを使用して証明書を作成することができます。

    adt -certificate -validityPeriod 25 -cn SelfSigned 1024-RSA certificate.pfx "password"

  3. アプリをパッケージ化します。

    • Android用のAPKとしてアプリをパッケージ化する場合

      adtを使用してAPKファイルを作成します。たとえば、以下のようにします。

      adt -package -target apk-captive-runtime -storetype pkcs12 -keystore certificate.pfx -storepass password output.apk <アプリケーション記述子ファイルのパス> <SWFファイルのパス> -extdir <ANEファイルを格納しているディレクトリのパス>

    • iOS用のIPAとしてアプリをパッケージ化する場合

      証明書とプロビジョニングプロファイルのファイル、および必須のアイコンが必要です。

      adtを使用してIPAファイルを作成します。たとえば、以下のようにします。

      adt -package -target ipa-debug -keystore ios-developer-certificate.p12 -storepass password -storetype pkcs12 -provisioning-profile ios.mobileprovision output.ipa <アプリケーション記述子ファイルのパス> <SWFファイルのパス> <アイコンを格納しているディレクトリ> <デフォルトのスプラッシュ画面の画像のパス> -extdir <ANEファイルを格納しているディレクトリのパス>