Unityプロジェクトにプラグインを追加する方法


Unityプロジェクトにプラグインを追加する方法

Unityパッケージをプロジェクトに追加するには、次の手順に従います。

  1. Unity開発環境で、[Project] タブをクリックします。
  2. [Project] タブの左側のペインで、[Assets] フォルダを右クリックし、コンテキストメニューの [Import Package] > [Custom Package] をクリックします。[Import package] ウィンドウが開きます。
  3. [Import package] ウィンドウで、インポートするプラグインファイル(拡張子.unitypackage)のあるフォルダに移動します。
  4. .unitypackageファイルを選択し、[Open] をクリックします。[Importing package] ウィンドウが開きます。
  5. [Importing package] ウィンドウで、インポートされるファイルのリストを調べて、プロジェクト内の既存のファイルと競合していないか確認します。競合がある場合は、ローカルの変更をプロジェクトの外部に保存しておきます。
  6. [Import] をクリックします。パッケージのファイルが [Assets] フォルダに追加されます。
  7. ローカルの変更をプロジェクトの外部に保存した場合は、任意のファイルマージソフトウェアを使用して、インポートしたファイルと保存したファイルの相違点をマージします。

アプリ内課金v2を使用するUnityアプリをAndroidにデプロイする場合の追加のセットアップ手順

アプリでアプリ内課金(IAP)v2 Unityプラグインを使用する場合は、Android APKを作成する前に、マニフェストを更新してIAP Response Receiverを宣言する必要があります。IAP Response Receiverの宣言を含んだAndroidマニフェストのサンプルは、Assets/Plugins/Androidにあります。

Androidマニフェストが既にある場合は、application XMLノードに次のコードを追加します。

<receiver android:name = "com.amazon.device.iap.ResponseReceiver"
    android:permission = "com.amazon.inapp.purchasing.Permission.NOTIFY" >
  <intent-filter>
    <action android:name = "com.amazon.inapp.purchasing.NOTIFY" />
  </intent-filter>
</receiver>

既存のAndroidマニフェストがない場合は、IapSdkCptServiceSampleAndroidManifest.xmlのファイル名をAndroidManifest.xmlに変更して使用できます。その場合、manifestノードのpackageandroid:versionNameandroid:versionCodeの各属性を更新する必要があります。