Works with Alexa認定スキルの要件

Works with Alexa認定スキルの要件

製品がAlexaスキルを使ってAlexaに接続する場合、製品のWorks with Alexa(WWA)認定を取得するには、スキルが以下の要件を満たしている必要があります。製品のWWA認定を申請する前に、スキルがスキル認定を受ける必要があります。

スマートホームスキルの詳細については、スマートホームスキルを理解するを参照してください。

モバイルアプリの要件

デバイスに、設定用のモバイルアプリがある場合、アプリからAlexaアプリへのアカウントリンクを実装する必要があります。アプリは、iOS、Androidの両方をサポートする必要があります。詳細については、アプリ間アカウントリンクを参照してください。

一般的なスキルの要件

スマートホームスキルは、Alexaと製品の間で通信を行うために、スマートホームモデルを使い、AWS Lambda関数にコードを追加する必要があります。詳細については、スマートホームスキルの作成手順を参照してください。

さらに、スマートホームスキルが以下の要件を満たす必要があります。

  • スマートホームAPIがバージョン3であること。デバイスの検出でpayloadversionを3とし、各機能でversionを3に指定すること。詳細については、Alexa.Discoveryを参照してください。
  • 検出応答のadditionalAttributesオブジェクトmanufacturermodelを追加すること。Alexaが一意のデバイスを識別できるよう、できるだけ多くのアトリビュートを追加してください。
  • 製品がサポートする機能を実行するのに必要な機能インターフェースを実装していること。検出応答でサポートされているすべての機能を返すようにしてください。必須の機能の詳細については、デバイスの要件を参照してください。
  • 状態および変更レポートの要件に従っていること。
  • Alexaにデバイスの健全性を通知する場合、EndpointHealthを実装すること。ベストプラクティスとして、できる限り多くのEndpointHealthプロパティをサポートすることをお勧めします。
  • アカウントリンクをサポートしていること。詳細については、アカウントリンクとはを参照してください。
  • プロアクティブ管理をサポートしていること。詳細については、プロアクティブにエンドポイントを管理するにはを参照してください。
  • スキル認定を受け、Alexaスキルストアに公開されていること。詳細については、スマートホームスキル公開のガイドを参照してください。

状態および変更レポートの要件

製品の状態レポートを使用すると、スマートホームデバイスの状態をAlexaアプリに正確に反映できるようになります。状態および変更レポートの詳細については、状態および変更レポートについておよびイベントゲートウェイにイベントを送信するを参照してください。

スキルには、次のように状態および変更レポートを実装してください。

  • 検出の応答で、すべての機能プロパティをretrievableおよびproactivelyReportedに設定します。詳細については、Alexa.Discoveryを参照してください。
  • 制御ディレクティブに応答する際、Alexa.Responseイベントのコンテキストで、すべての機能プロパティ(EndpointHealthによって定義されたプロパティを含む)の状態を常にレポートします。詳細については、Alexa.Responseで状態をレポートするを参照してください。
  • ReportStateディレクティブにStateReportイベントで応答します。詳細については、StateReportで状態をレポートするを参照してください。
  • デバイスの状態が変更された場合、その理由にかかわらずChangeReportイベントを送信することで、デバイスの状態をプロアクティブにAlexaに知らせます。詳細については、ChangeReportで状態をレポートするを参照してください。
  • レポートされたプロパティの状態が変更された場合、変更から3秒以内に新しいプロパティ値を含むChangeReportを送信します。ChangeReportには、Alexa.EndpointHealthインターフェースで定義されるconnectivityプロパティの現在値も含めます。
  • デバイスのconnectivityOKに変更された場合、3秒以内にレポートを送信します。
  • ChangeReportイベントが503、429、401のHTTPエラー、メッセージタイムアウトのいずれかで失敗した場合、ChangeReportの再送信を試行します。再送信の際、15秒以内の間隔を空けて2回以上試行してください。詳細については、応答を参照してください。

テストの要件

Alexa開発者ポータルでテスト対象のスキルを有効にし、Alexa搭載デバイスとAlexaアプリを使用して、デバイスでスキルをテストします。WWA認定プロセスに合格するには、スキルがすみやかに応答し、エラーを適切に処理する必要があります。詳細については、スマートホームスキルのデバッグを参照してください。開発者コンソールでデバイスの状態をテストおよびデバッグするには、デバイスの状態を表示するを参照してください。

推奨されるパフォーマンス目標

ユーザーに最良のスマートホームエクスペリエンスを提供するため、Amazonでは、Alexaスキルが以下の運用パフォーマンス目標を満たし、維持することを推奨しています。

  • レイテンシー – Alexaがスキルにリクエストを送信した後、Alexaは1000ミリ秒間に90%(P90)、800ミリ秒間に50%(P50)の応答を受け取る必要があります。
  • 正確率ReportStateディレクティブへの応答がAlexaに最後に送信したChangeReportイベントに97%以上一致している必要があります。