Developer Console

Dash Replenishment - システムの要件

Dash Replenishment Through Alexa (DART)のコネクテッドデバイスへのインテグレーションは、Alexaスマートホームスキルの拡張を行うのみで簡単に対応できます。

概要

DARTでは、Alexaスマートホームクラウドを用いて、消耗品の在庫を受信し、EメールやAlexaの通知を用いてユーザーに通知を送信することができます。

Dash ReplenishmentをAlexaスマートホームクラウドに接続するには、下記のような要件が必要です:

  • スマートホームスキル DRSはデバイスディスカバリーと消耗品使用量の報告にスマートホームAPIを利用しますが、スキルの種類はスマートホームを含む複数のモデル(カスタム、ビデオ、スマートホーム)を含んでいて構いません。
  • AWSのLambda関数 Lambda関数は、デバイスメーカーのクラウドから送信された在庫量情報を処理し、Alexaスマートホームクラウドに送信する役割を担います。加えて、Alexaクラウドに対し、Discover.Responseを送信し、新規のコネクテッドデバイスのIDを通知します。
  • Oauth2認証サーバー ユーザーがスマートホームスキルを有効化する際に、アカウントリンクに必要な認証サーバーを準備します。この認証サーバーはAlexaスマートホームクラウドがコネクテッドデバイスに接続するのを許可するための許可グラントを提供する役割を担います。

次の表は、本ドキュメントの次のステップで必要とされる開発ステップに対し、3つの異なる前提条件でどのような開発が必要となるかを説明しています:

開発ステップは、既にAlexaのスキルを持っているかどうかに依存します。対応しているAlexaのスキルを選択し、開発に必要となるステップについて理解し、各タブにある「次へ」をクリックしてください。

スキルの作成

まだコネクテッドデバイスがAlexaスキルに対応していない場合、下記のステップが必要となります。

  1. DRSコンソール上で 新規デバイスの作成 を行い、replenishmentIdを取得します。
  2. Alexaコンソール上で 新規スキルの作成 を行い、スマートホームモデルを選択します。
  3. アカウントリンク の設定をAlexaコンソール上で行い、デバイスメーカーの準備したOAuth2サーバーの詳細を入力します。
  4. AWSコンソール上で Lambda関数 を作成し、Alexaスマートホームからのリクエストを処理できるようにします。
  5. 対応するコネクテッドデバイスから、登録のためのデバイスIDがデバイスメーカーのクラウドに通知するよう実装します。
  6. 対応するコネクテッドデバイスから、消耗品の使用量・在庫量がデバイスメーカーのクラウドに通知するよう実装します。

新規デバイスの作成に進むには、次へをクリックしてください。

既存のスキルにスマートホームモデルを追加する

既にカスタムスキルがある場合、下記のステップが必要となります。

  1. DRSコンソール上で 新規デバイスの作成 を行い、replenishmentIdを取得します。
  2. Alexaコンソールで モデルの追加 を選択し、スマートホームモデルを追加します。
  3. アカウントリンク の設定をAlexaコンソール上で行い、デバイスメーカーの準備したOAuth2サーバーの詳細を入力します。
  4. AWSコンソール上で Lambda関数 を作成し、Alexaスマートホームからのリクエストを処理できるようにします。
  5. 対応するコネクテッドデバイスから、登録のためのデバイスIDがデバイスメーカーのクラウドに通知するよう実装します。
  6. 対応するコネクテッドデバイスから、消耗品の使用量・在庫量がデバイスメーカーのクラウドに通知するよう実装します。

新規デバイスの作成に進むには、次へをクリックしてください。

既存のスマートホームスキルに変更を加える

既にスマートホームスキルがある場合、下記のステップが必要となります。

  1. DRSコンソール上で 新規デバイスの作成 を行い、replenishmentIdを取得します。
  2. AWSコンソール上で Lambda関数 を変更し、ディスカバリーと消耗品の報告を処理できるようにします。
  3. 対応するコネクテッドデバイスから、消耗品の使用量・在庫量がデバイスメーカーのクラウドに通知するよう実装します。

新規デバイスの作成に進むには、次へをクリックしてください。


Last updated: Aug 15, 2019