DeviceStatusエンドポイント

デバイスは1日1回、DRSを呼び出してアクティビティを報告する必要があります。

パス

/deviceStatus

HTTPメソッド

POST

ヘッダーパラメーター

x-amzn-accept-type: com.amazon.dash.replenishment.DrsDeviceStatusResult@1.0
x-amzn-type-version: com.amazon.dash.replenishment.DrsDeviceStatusInput@1.0
Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>

バージョニング

ユーザーに直接影響を及ぼさずにAPIの機能を段階的に更新するためにバージョニングが使用されます。x-amzn-type-versionおよびx-amzn-accept-typeヘッダーは、各呼び出しで送信する必要があります。 DeviceStatusエンドポイントでは、以下がサポートされています。

x-amzn-type-version: com.amazon.dash.replenishment.DrsDeviceStatusInput@1.0
x-amzn-accept-type: com.amazon.dash.replenishment.DrsDeviceStatusResult@1.0

リクエスト本文のパラメーター

リクエスト本文では次のデータを渡す必要があります。

パラメーター 説明
mostRecentlyActiveDate デバイスの直近のアクティビティの日時(ISO 8601形式)。 String型

リクエスト本文サンプル

{
    "mostRecentlyActiveDate" : "2015-12-21T10:00:00Z"
}

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK
x-amzn-type-version: com.amazon.dash.replenishment.DrsDeviceStatusResult@1.0

エラーレスポンス

エラー 説明
HTTP/1.1 500 Internal Server Error サーバー内部でエラーが発生したことを示します。
HTTP/1.1 400 Bad Request クライアントエラー: クライアントから渡されたデータが原因でエラーが発生しました(無効なトークンなど)。Amazonは、レスポンス本文に含まれるエラーの性質について可能な限りのフィードバックを提供できるよう努めます。