デバイスのCertified for Humans認定を受ける



デバイスにCertified for Humans認定を取得する

Certified for Humansは、Alexa互換デバイス向けのAmazon認定プログラムで、セットアップ、ユーザビリティ、パフォーマンスすべてにおいて、スマートホームのエクスペリエンスが高く保たれているかどうか確認するためのものです。 Certified for Humansで認定されたデバイスは、簡単、調整不要で、ストレスフリーです。製品がCertified for Humansと認められると、 AmazonでCertified for Humansのマーチャンダイジングの対象となり、AmazonのCertified for Humans認定ストアフロントに掲載され、Amazonの製品サポートが支援します。これらのサービスにより、製品に対する購入者の信頼が高まり、出品情報に対する購入者のトラフィックが向上します。

Certified for Humans認定プログラムのガイドラインと最低要件を確認する

Certified for Humans認定の対象となるには、 Certified for Humansプログラムのガイドラインに準拠する必要があります。これらのガイドラインを満たすには、製品、Alexaインテグレーション、およびビジネスに関する最低要件を満たす必要があります。

Alexaの統合要件

Certified for Humans認定の対象となるには、Alexaインテグレーションが以下の統合要件を満たしている必要があります。

これらの要件に対してAlexaスキルがどのように機能するかを理解するには、Alexa Skills Kit開発者コンソールのレポートページを参照してください。詳細については、スキルのレポートの表示を参照してください。

製品要件

Certified for Humans認定の対象となるには、製品が以下の製品要件を満たしている必要があります。

  • Have received the Works with Alexa認定を受けていること。

  • Amazon.co.jpでのカスタマーレビューの平均評価が高いこと。

  • デバイスが新品と再生品のいずれの場合でも、最低90日間のメーカー保証を提供すること。

  • フラストレーション・フリー設定(FFS)をサポートし、デバイスを簡単に接続できると認定されていること。

  • Amazon.co.jpでFFS対応在庫と非FFS在庫を混在させないこと。ユニバーサル商品コード(UPC)やAmazon Standard Identification Number(ASIN)などの一意の識別コードを使用して、FFS対応在庫と非FFS在庫を区別します。

  • バックグラウンドで実行され、カスタマーエクスペリエンスを中断させないような自動ファームウェア更新をサポートしていること。

  • 以下のような、業界標準のセキュリティのベストプラクティスに準拠していること。

    • 署名の暗号化を使用したセキュリティソフトウェアアップデートの配信を行い、承認された真正なアップデートのみがデバイスに適用されるようにします。

    • 業界標準のデバイス強化対策を実装します。たとえば、デフォルトのパスワードを禁止し、不要なネットワークサービスとソフトウェアを削除し、デバイス上のサービスで処理する前に入力を検証し、すべてのセキュリティパッチを脆弱なオープンソースソフトウェアに適用します。

    • 初期設定以外のすべての通信にTransport Layer Security (TLS) 1.2以降を使用します。Amazon Trust Servicesのルート認証機関(CA)をCAバンドルにインストールします。すべてのTLS接続の証明書検証を実装し、Alexa搭載デバイスへの接続が、正しいAmazon証明書を使用して署名されていることを確認します。

    • 初回のセットアップに非TLSセッションで認証情報を送信してはいけません。

ビジネス要件

Certified for Humans認定の対象となるには、企業が以下のビジネス要件を満たしている必要があります。

  • インテグレーションに問題が起こった場合、平均解決時間(MTTR)を4時間未満に維持すること。

  • 脆弱性が特定されてから適正な期間内に、ソフトウェアアップデートの作成と配信を行う方法を具体的に定義した、ソフトウェアメンテナンスアップデート戦略を用意すること。

  • デバイスのセキュリティ上の脆弱性について、セキュリティリサーチの担当者が企業に通知する方法についての情報を、一般に閲覧可能なウェブサイトで公開すること。

  • セキュリティ対策を実装し、必要に応じてAmazonと共有すること。対策とは、セキュリティインシデントが発生した場合の企業の対応手順、インシデントについてAmazonと連絡した場合の対処方法、およびインシデントの修正にかかると予想されるタイムラインについて説明するものです。

  • デバイスの詳細なセキュリティレビューを実施した、第三者のセキュリティ専門家または認定セキュリティ専門家からレポートを入手し、必要に応じてAmazonに提出すること。

  • デバイスに存在する、セキュリティホールとなりうる既知のセキュリティ脆弱性のレポートと、その脆弱性を修正する計画を提出すること。

Certified for Humans認定に製品を申請する

上記の要件を確認した後、製品が認定条件を満たしているかどうか評価します。認定申請の準備ができたら、次の手順を実行します。

  • フラストレーションフリー設定認定と Works with Alexa認定を完了します。

  • 第三者のセキュリティ専門家または認定セキュリティ専門家からセキュリティ評価を得ます。

  • 製品を起動し、レイテンシー、可用性、品質、および平均レビュー評価について、最低90日間のパフォーマンスデータを収集します。Certified for Humansプログラムでは、製品とAlexaの統合パフォーマンスの履歴がない新製品については、考慮しません。

  • 各製品モデルの要件をすべて満たしているという証明をまとめたら、申請と次のステップについてAmazon(certified-for-humans@amazon.com)(英語のみ)までお問い合わせください。Amazonは製品を適格基準に照らして評価し、品質およびカスタマーエクスペリエンスがCertified for Humans認定の基準を満たしているかどうかを判断します。

Certified for Humansプログラムに関するご質問は、 Works with AlexaフォーラムからAmazonにお問い合わせください。

Amazon.co.jpでCertified for Humansマーチャンダイジングを表示する

製品がCertified for Humans認定を受けた場合、Amazonは申請に基づいて、Amazon.co.jpのASINに自動的にCertified for Humansマーチャンダイジングを適用します。