トランザクションワークフロー

次は物品販売における標準的な注文ワークフローです。

  1. 購入者のOrder Referenceを生成するためのアドレス帳ウィジェットを表示します。
  2. 購入者はアドレス帳ウィジェットから住所を、お支払い方法ウィジェットから支払方法を選択します。この時点で注文合計金額を計算します 。
  3. 購入者が注文を完了し、システムは注文詳細をセットし、Order Referenceを承認(Confirm)します。
  4. システムは選択された支払方法に対して注文金額のオーソリ(Authorize)のリクエストを発行します。
  5. オーソリ(Authorization)が成功した場合は、注文は出荷できます。
  6. 販売事業者は注文を出荷します。
  7. システムはオーソリ(Authorize)された金額から売上請求(Capture)のリクエストを発行し、それから成功した売上請求(Capture)の後でOrder Referenceを終了します。

トランザクション中では、Amazon Payオブジェクトは処理をサポートするために生成されます。

Amazon Payオブジェクト 説明
Order Reference 購入者の支払を処理するために必要な主要な属性レコードです。購入者が支払いたい方法、どこへ配送したいのかを参照することができます。また、合計金額、注文IDなどの情報も含みます。
Authorization (オーソリ) 選択された支払方法の有効な金額を表し、売上請求(Capture)リクエストを利用して集金するために留保しています。
Capture(売上請求) 購入者の支払方法からAmazon Payの販売事業者アカウントへ移動したことを表します。
Refund(返金) 返金する場合に利用され、直前の売上請求(Capture)された金額を購入者アカウントに戻したことを表します。

それぞれのオブジェクトは、トランザクションフロー中の注文についての状態を表すステータスを持っています。次の図はフロー内の様々なアクションと関連するオブジェクトを表します。