ログイン時での注文情報へのアクセス

一般的には、アドレス帳・お支払い方法ウィジェット生成時に注文情報へアクセスしますが(通常はonSignIn関数は使用しない)、購入者のログイン時に注文を生成している場合は、Order Referenceオブジェクトを生成するAmazon PayボタンにonSignIn関数を追加して注文詳細にアクセスできます。

Order Referenceオブジェクトが生成されている場合は、注文情報の詳細が含まれているGetOrderReferenceDetails APIを呼び出すことができます。

次のコードサンプルは、購入者がログインし生成されたOrder ReferenceオブジェクトのonSignIn関数を表しています。

 
<div id="AmazonPayButton"/>  
  
<script type="text/javascript">  
    var authRequest;  
    var accessToken;  
    OffAmazonPayments.Button("AmazonPayButton", "YOUR_SELLER_ID", {  
        type: "ENTER_TYPE_PARAMETER",  
        color: "ENTER_COLOR_PARAMETER",  
        size: "ENTER_SIZE_PARAMETER",  
        language: "ENTER_LANGUAGE_PARAMETER",  
  
        authorization: function() {  
            loginOptions = {scope: "ENTER_SCOPES",  
                popup: "ENTER_POPUP_PARAMETER"};  
            authRequest = amazon.Login.authorize (loginOptions,  
                function(response) {  
                accessToken = response.access_token;  
            });  
    },  
    onSignIn: function (orderReference) {  
        var referenceId = orderReference.getAmazonOrderReferenceId();  
  
        if (!referenceId) {  
            errorHandler(new Error('referenceId missing'));  
        } else {  
            window.location = "YOUR_REDIRECT_URL" + '?referenceId=' + orderReference.getAmazonOrderReferenceId() + "&access_token=" + accessToken;  
            }  
        },  
        onError:errorHandler || function(error) {  
            // your error handling code  
        }  
    });  
</script>

参照