注文完了後の支払変更のハンドリング | Amazon Pay Japan

注文完了後の支払変更のハンドリング

Amazon Payでは、顧客が注文処理が完了してから登録されている注文を変更するいくつかの方法が許可されています。この変更のシナリオには以下の方法がAmazon Payでサポートされています。

このセクションでは以下の内容を説明します。

最初の注文金額以上の請求

いくつかのシチュエーションとして、Webサイトで注文された合計金額を減額や増額したい場合があります。例えば、購入者がカスタマーサービスに連絡して、配送オプションをアップグレードを要求するかもしれません。

配送料や注文変更などで購入者が最初に注文した金額に追加して請求したいかもしません。この追加できる金額は、最初に注文された金額の15%または8,400円のどちらか低い額までです。例えば、最初の注文が10,000円の場合は1,500円まで追加請求できます。配送料などで金額が増えることが想定される場合は注文が完了される前に購入者にそのことを表示しなければなりません。

サンプルシナリオ - 支払金額を増やす

この支払を増やすシナリオを説明するためには、購入者が購入処理に入り、配送料込で20,000円の注文を確認していることを想定します。注文が出荷される前に、購入者がカスタマーサービスに連絡して、配送オプションを高額なものにアップグレード要求して、合計金額が23,000円になります。

このシナリオでは、23,000円のオーソリ処理を呼び出すか、最初の20,000円のオーソリをしている場合は3,000円のオーソリ処理を呼び出します。追加の3,000円は最初のOrder Referenceオブジェクトの金額の15%以下であるので、この23,000円の請求は許可されます。

注意 :チャージバックとAmazonマーケットプレイス保証の可能性を削減するために最初の注文金額より高い金額を請求するよりも購入者からのオーソリを保証することをAmazonは推奨します。購入者に注文情報が変更されたことをメールすることと、それを保管することもAmazonは推奨します。

配送先住所の変更

購入者が問合せし、注文時に使われたAmazon Payのアドレス帳 ウィジェットの住所と異なる配送先住所への要求はAmazonに通知する必要はありません。Amazonへ変更されたことを通知なしで注文出荷処理で住所を変更することはできます。

注意 :Amazonのアドレス帳ウィジェットを経由しない配送先住所を利用する場合は、Amazon Pay支払保護ポリシーに準拠されません。詳しい情報は利用規約を参照してください。

注文のキャンセル

会社の会計やその他の内部処理での注文ステータスを追跡をサポートするために、Order Referenceオブジェクトのキャンセルが必要かもしれません。Amazon PayではOrder ReferenceオブジェクトのステータスをキャンセルするためにCancelOrderReference APIを呼び出すことが可能です。

Order ReferenceオブジェクトがDraftOpenSuspended状態であり、CaptureオブジェクトがPendingCompletedClosedでないものに対してOrder ReferenceオブジェクトをCanceledにするためにCancelOrderReference APIを呼べます。すべての注文をキャンセルする場合、または、代金を請求したくない場合にこれを実行します。Amazonは購入者にこの注文はキャンセルされた支払であることを通知します。CancelOrderReference処理を呼び出すことでOrder Referenceオブジェクトはキャンセルされます。

  • Order Referenceオブジェクトから新しいオーソリを生成できず、Openまたは Pending状態のオーソリはClosedされます。
  • CompletedClosedPending 状態のCaptureオブジェクトが無いものに対してのみOrder Referenceオブジェクトをキャンセルできます。

部分的な注文の実行

注文の部分的な実行のみの場合は、充当する費用を請求した後に、CloseOrderReference処理を呼び出してOrder Referenceを Closed にすることができます。さらに、CloseAuthorization処理を利用することで、未回収のオーソリをCloseすることができます。Order ReferenceとオーソリをClosedにすることで、内部の注文ステータスをAmazonと同期するが可能です。

次のサンプルはCloseAuthorization処理を呼び出す方法を表します。

 
https://mws.amazonservices.com/OffAmazonPayments_Sandbox/2013-01-01  
?AWSAccessKeyId=AKIAFBM3LG5JEEXAMPLE  
&Action=CloseAuthorization  
&AmazonAuthorizationId=S23-1234567-1234567-0000001  
&ClosureReason=Closing%20the%20auhorization%20transaction  
&SellerId=YOUR_SELLER_ID_HERE  
&SignatureMethod=HmacSHA256  
&SignatureVersion=2  
&Timestamp=2013-12-19T19%3A01%3A11Z  
&Version=2013-01-01  
&Signature=WlQ708aqyHXMkoUBk69Hjxj8qdh3aDcqpY71hVgEXAMPLE

CloseAuthorization処理についての詳しい情報、含めるリクエストパラメータ、レスポンス要素は、Amazon Pay APIリファレンスのCloseAuthorizationを参照してください。

注意 :注文の支払が処理できた後はOrder ReferenceをClosed にすることをAmazonは推奨します。別な方法では、180日間Open状態のOrder Referenceは自動的に Closedになり、購入者Amazon PayのWebサイトでトランザクションを確認できます。しかし、注文が完全に終了するまではClosedではなく Open状態にしておくことも重要です。