IPNハンドリングのベストプラクティス

インスタント支払通知(IPN)を受信した後は、IPNで受信された情報以上のものが必要であるかチェックし、それぞれに一致するGET系の処理を実行します。GetOrderReferenceDetailsGetAuthorizationDetailsGetCaptureDetails、GetRefundDetailsが対象になります。

関連するAPIを呼び出しAmazon Payオブジェクトの完全な詳細情報を取得することで、理由コードを取得して、エラーハンドリングすることができます。

理由コードの詳しい情報は、Amazon Pay APIリファレンスの状態と理由コードセクションを参照してください。