プロファイル情報の取得

購入者のローカルアカウントを生成するために、アクセストークンを認証し、返されたプロファイル情報のハンドリングを行うことで、Amazonアカウントから購入者のプロファイル情報を取得することができます。

プログラミング言語ごとの処理は次のサンプルコードの詳細を確認してください。


amazon.Login.retrieveProfile(response.access_token,function (profileResponse) {  
  // this callback is executed Asynchronously!!  
  // check if the profile request was successful  
  if(profileResponse.success) {  
    // request was successful  
    console.log("Buyer Name  = " + profileResponse.profile.Name);  
    console.log("Buyer Email = " + profileResponse.profile.PrimaryEmail);  
    console.log("Buyer Zip   = " + profileResponse.profile.PostalCode);  
    console.log("Amzn Customer ID = " + profileResponse.profile.CustomerId);  
    }  
});

<body>タグのAmazonログインボタン後にこのコードを配置します。www.example.comをWebサイトのドメインに変更してください。

一度、購入者がログインし、プロファイル情報の共有に同意している現在のウィジェットは与えられたURIにリダイレクトされ、認証レスポンスはクエリー文字列に追加されます。URIはHTTPSプロトコルを使わなければならず、本番環境では、現在のウィンドウは同じドメインである必要があります。

 
<script type="text/javascript">  
  
  document.getElementById('LoginWithAmazon').onclick = function() {  
    options = { scope : 'profile' };  
    amazon.Login.authorize(options,  
      'https://www.example.com/handle_login.php');  
    return false;  
  };  
  
</script>

Webサイトにて、/handle_login.php でAmazonからのレスポンスを制御します。後から選択したいずれかにこのpathを変更することができます。

amazon.Login.retrieceProfile関数は3つのパラメータ(success、error、profile)を返します。successは呼び出しが成功されたどうか示します。エラーが発生した場合は、エラーパラメータはエラーメッセージを返します。エラーが無かった場合は、profileは購入者プロファイルを含みます。

参照