Recurring(継続支払い)の応用的なユースケース

このセクションでは、Recurring(継続支払い)の応用的なユースケースについて説明します。


継続支払いプランの変更

EUまたはUKに拠点を置き、PSD2規制がサービスに適用される場合、継続支払い利用者が継続支払いプランを変更するには、Close Charge Permissionを実行し、継続支払い利用者にAmazon Pay決済を再度完了するように依頼する必要があります。 PSD2規制では、支払い頻度の変更を発行銀行に通知する必要があります。発行銀行は、Amazon Payの決済時にのみ提示できる新しいMFAチャレンジを要求する場合があります。

PSD2の規制があなたのサービスに適用されない場合は、継続支払い頻度やコストのいずれかが変更された場合に、Update Charge Permissionを利用してAmazon Payに知らせることができます。

継続支払いお支払い方法の変更

継続支払いに使用されるお支払い方法を変更する場合は、継続支払い利用者にhttp://pay.amazon.com/で変更するように誘導してください。

無料トライアル

サービスが無料トライアルを提供している場合は、PaymentIntent:Confirmを使用して、継続支払い利用者に課金せずにRecurringのCharge Permissionを作成します。Amazon Payは、継続支払い利用者が選択したお支払い方法を検証し、無料試用期間が終了すると、後続のトランザクションに使用できるRecurringのCharge Permissionを受け取ります。この時点で、継続支払いの金額がわからない場合は、recurringMetadata.Amountを設定する必要はありません。

支払い頻度が不定期の場合の処理

あなたのサービスが継続的に購入者へ課金するが、各々の支払いの頻度が異なる場合、recurringMetadata.frequency.unitにVariableを設定してください。この場合、請求は、支払いシステムによってプログラムで開始する必要があることに注意してください。継続支払い用のCharge Permissionは、カード・オン・ファイルまたは購入者の行為が起点の支払いをサポートしていません。この目的のためにそれらを使用すると、Amazon Payの誤用であると判断されてCharge Permissionがキャンセルされる可能性があります。

複数のサブスクリプションを持つ継続支払い利用者

複数のサブスクリプションに加入している購入者の支払いを管理する場合は、単一のCharge Permissionを使用する方法と、継続支払いごとに異なるCharge Permissionを使用する方法があります。

単一のCharge Permissionで管理する方法

複数のサブスクリプションをサブスクライブしている場合でも、単一のCharge Permissionを使用して継続支払い利用者に課金します。recurringMetadata.Frequencyには、最短の支払い頻度を指定します。継続支払い利用者がすべてのサブスクリプションをキャンセルしない限り、 Close Charge Permissionを実行しないでください。これにより、サブスクリプションを請求できなくなります。

複数の異なるCharge Permissionで管理する方法

複数のCharge Permissionを各々のサブスクリプションに対してAmazon Pay決済を完了させて、継続支払い利用者に課金します。もし、利用者がサブスクリプションをキャンセルした場合、該当のサブスクリプションに関連するCharge Permissionに対してClose Charge Permissionを実行してください。

請求サイクルが長いサブスクリプション

デフォルトでは、 Charge PermissionオブジェクトはChargeの作成に使用されない場合、13か月後に期限切れになります。recurringMetadata.Frequencyが13か月を超える請求サイクルに設定されている場合、有効期限はrecurringMetadata.Frequencyに1か月を加えた値に設定されます。

単発購入と継続支払いの両方をサポートする

継続支払い利用者に対して、既存の継続支払い用のCharge Permissionがない場合でも、継続支払い利用者が継続支払いをサブスクライブしている限り、 1回限りの単発購入としてRecurring Charge Permissionを要求できます。

継続支払い利用者に対して、既存の継続支払い用のCharge Permissionがある場合は、それを単発購入に利用することができます。

サブスクリプションの一時停止

一時停止されたサブスクリプションについてAmazon Payに通知する必要はなく、継続支払い利用者への課金を停止するだけです。Amazon Payは、有効期限が切れると、自動的に請求Charge PermissionをClosed 状態に移行します。デフォルトの有効期限は、請求Charge Permissionが作成された日から13か月、または購入者が最後に請求された日から13か月であることに注意してください。

継続支払い配送先住所の変更

Amazon Payは、recurringのCharge Permissionに設定された配送先を更新する方法を提供していません。配送先を変更する場合は、購入者が再度継続支払いの決済フローを経て、Amazonのアドレス帳から別の配送先を選択を選択する事で新しいrecurring Charge Permissionを作成する必要があります。RecurringのCharge Permissionに設定された配送先住所を更新せずに、購入者から新しい配送先住所を事業者側で取得することはできますが、この新しい住所を使用した場合は、Amazon Payの支払い保護ポリシーの対象とはなりません。