Alexa Conversationsを使用してスキルを作成する手順



Alexa Conversationsを使用してスキルを作成する手順

開発者コンソールでAlexa Conversationsを使用して新しいスキルを作成するには、以下の手順に従います。既存のスキルをAlexa Conversationsに適応させるには、既存のスキルにAlexa Conversationsを追加する手順を参照してください。

Alexa Conversationsは、Node.jsまたはPythonの使用経験があり、人工知能と機械学習の基本的な構成概念を理解している、音声サービスの開発者に最適です。

Alexa Conversationsを使用してスキルを作成する手順

Alexa Conversationsを使用してスキルを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. スキルを作成します
  2. 呼び出し名と対話モデルを編集します
  3. ダイアログを作成してアノテーションを付けます
  4. スキルモデルをビルドする前に一般的なエラーを確認します
  5. スキルモデルをビルドします
  6. スキルコードを記述します
  7. スキルをテストします
  8. スキルの認定を受けます

ステップ1: スキルを作成する

Alexa Conversationsをサポートする新しいスキルを作成するには、次の2つの方法があります。

  • Alexa Conversationsをサポートし、天気スキルなどの特定のユースケースを示すテンプレートから作成する。
  • 通常のカスタムスキルから始めて、Alexa Conversationsインターフェースのサポートを追加する。

以下の手順では両方の方法を示します。

Alexa Conversationsを既にサポートしているテンプレートから作成する

天気botテンプレートなど、Alexa Conversationsをサポートしているスキルテンプレートからスキルを作成できます。

Alexa Conversationsをサポートしているテンプレートから作成するには

  1. 開発者コンソールにログインし、Alexa Conversationsスキルに移動します。
  2. スキルの作成をクリックします。
  3. スキル名を入力します。
  4. スキルに追加するモデルを選択カスタムをクリックします。
  5. スキルのバックエンドリソースをホスティングする方法を選択で、Alexa-Hosted(Node.js)またはユーザー定義のプロビジョニングを選択します。
  6. スキルを作成をクリックします。
  7. スキルに追加するテンプレートを選択で、天気botスキルなど、説明の下部にAlexa Conversations(プレビュー)が含まれているテンプレートを選択します。
  8. ステップ5で選択したホスティング方法に応じて、選択またはテンプレートで続けるをクリックします。

空のスキルテンプレートから作成する

次の手順に従って、空のスキルテンプレートから始めてAlexa Conversationsのサポートを追加します。

空のテンプレートから始めてAlexa Conversationsのサポートを追加するには

  1. Alexa Skills Kit開発者コンソールにログインします。
  2. スキルの作成をクリックします。
  3. スキル名を入力します。
  4. スキルに追加するモデルを選択カスタムをクリックします。
  5. スキルのバックエンドリソースをホスティングする方法を選択で、Alexa-Hosted(Node.js)またはユーザー定義のプロビジョニングを選択します。
  6. スキルを作成をクリックします。
  7. スキルに追加するテンプレートを選択で、スクラッチで作成をクリックします。
  8. ステップ5で選択したホスティング方法に応じて、選択またはテンプレートで続けるをクリックします。
  9. 次の手順に従って、Alexa Conversationsをサポートするために必要なインターフェースを有効にします。
    1. 左側のペインで、インターフェースをクリックします。
    2. インターフェースのリストで、Alexa Presentation Languageインターフェースを有効にします。
    3. Alexa Conversationsを有効にして、デフォルトのダイアログマネージャーとしてAlexa Conversationsを使用するチェックボックスをクリックします。
    4. ヘッダーバーのインターフェースを保存をクリックします。

ステップ2: 呼び出し名と対話モデルを編集する

このステップでは以下の操作を行います。

  • 呼び出し名を変更します。
  • 対話モデルにフォールバックインテントが含まれていることを確認します。Alexa Conversationsは、ルーティングの目的でこのインテントを必要とします。
  • カスタムインテントを追加します。スキルには、少なくとも1つのカスタムインテントがあり、少なくとも1つのサンプル発話がある必要があります。インテントでは何もする必要はありません。

呼び出し名を変更するには

  1. 開発者コンソールで、Alexa Conversationsスキルに移動します。
  2. 左側の呼び出し名をクリックし、スキルの呼び出し名フィールドでデフォルトのスキル名を置き換えます。
    標準的な呼び出し名の要件が適用されます。詳細については、呼び出し名の要件を参照してください。
  3. 画面上部の保存をクリックします。

フォールバックインテントを確認するには

  1. 左側で対話モデルを展開し、インテントをクリックします。
  2. インテントのリストにAMAZON.FallbackIntentがあることを確認します。
  3. AMAZON.FallbackIntentが存在しない場合は、インテントを追加Alexaのビルトインライブラリから既存のインテントを使用の順にクリックし、検索ボックスでAMAZON.FallbackIntentを検索して追加します。

カスタムインテントを追加するには

  1. 前の手順から続けて、もう一度インテントを追加をクリックします。
  2. カスタムインテントを作成の横にDummyIntentなどのインテント名を入力し、カスタムインテントを作成をクリックします。
  3. サンプル発話セクションで、「これはダミーインテントです」などのテキストを入力し、Enterキーを押します。
  4. 画面上部の保存をクリックします。

ステップ3: ダイアログを作成してアノテーションを付ける

このステップは、Alexa Conversationsを使用するスキルを作成するために行う作業の大半を占めます。この作業はすべて開発者コンソールで行うことができます。

まず、スキルを実行する過程で、ユーザーとAlexaの間で行われる一般的な会話であるダイアログを入力します。それぞれのダイアログはユーザーのターンとAlexaのターンで構成されます(つまり、ユーザーの発話の後にはAlexaの発話が続きます)。次に、各発話をクリックして、Alexa Conversationsの要素(ユーザー発話セット、Alexa応答、API定義)を使用してアノテーションを付けます。このプロセスを開始するにあたって、Alexa Conversationsでのダイアログオーサリングのベストプラクティスを参照してください。

このプロセスを完了すると、アノテーション付きダイアログが完成します。

ワークフローの設計、ダイアログの記述、ユーザーの期待値の設定に関するベストプラクティスと方法については、Alexa Conversationsを使用したデザインを参照してください。

ステップ4: スキルモデルをビルドする前に一般的なエラーを確認する

デバッグ時間をプロアクティブに短縮するには、スキルモデルをビルドする前に、Alexa Conversationsのスキルモデルで一般的なエラーを回避する方法を確認してください。

ステップ5: スキルモデルをビルドする

開発者コンソールを使用して、Alexa Conversationsスキルのスキルモデルをビルドします。詳細については、Alexa Conversationsのスキルモデルのビルドを参照してください。

ステップ6: スキルコードを記述する

スキルエンドポイントでAlexa Conversationsリクエストを処理するコードを記述します。詳細については、Alexa ConversationsのAPI呼び出しの処理を参照してください。サンプルコードの入手方法の詳細については、Alexa Conversationsを使用した開発の概要を参照してください。

スキルコードを作成したら、開発者ポータルを使用して、スキルのエンドポイントを設定します。これを設定するには、スキルに移動して上部のペインでビルドをクリックし、左側のペインでエンドポイントをクリックします。

ステップ7: スキルをテストする

スキルをテストする前に、スキルに少なくとも1つのカスタムインテントがあり、対話モデルに少なくとも1つの発話があることを確認します。確認しないと、ランタイム中にスキルセッションが途中で終了する場合があります。

スキルをテストする準備ができたら、開発者コンソールのAlexaシミュレーターを使用できます。詳細については、スキルのテストを参照してください。テスト対象の詳細については、認定の要件を参照してください。

ステップ8: スキルの認定を受ける

スキルの認定を申請します。詳細については、スキルをテストして認定を申請するを参照してください。