Alexa Conversationsの既知の問題



Alexa Conversationsの既知の問題

Alexa Conversationsには次のような既知の問題があります。

いただいたフィードバックを反映してAmazonが行った最新の変更については、最新の改善内容を参照してください。

現行の問題

Alexa Skills Kit機能のサポート

現時点では、Alexa ConversationsはAlexa Skills Kitの以下の機能をサポートしていません。

  • ビルトインのAudioPlayerディレクティブとVideoAppディレクティブ。Alexa Conversations応答とともにAudioPlayerおよびVideoAppのディレクティブを送信できますが、組み込むことはできません。
  • スキル内商品、共有スロット、公開中のスキルを更新する機能。
  • Echoボタン(GadgetControllerGameEngine)。
  • CanFulfillIntentRequest
  • スロットの情報引き出し、スロットの確認、インテントの確認のいずれかを使用するスキルへのAlexa Conversationsの追加。

ユーザーインターフェース

  • ビルトインスロット(拡張なし)は左のナビゲーションにあるスロットタイプの下に表示されなくなります。ビルトインスロットがAlexa Conversationsでサポートされている限りビルドは成功するため、アクションは必要ありません。サポートされるスロットタイプの一覧については、スロットタイプを参照してください。

対話モデル

  • スキルには、少なくとも1つのカスタムインテントがあり、対話モデルに少なくとも1つのサンプル発話が含まれている必要があります。確認しないと、ランタイム中にスキルセッションが途中で終了する場合があります。

命名

  • API定義と応答に同じ名前を使用すると、ビルドに失敗します。

スキルのテスト

  • 少なくとも1つのスキルのビルドがすべて完了するまで、Alexa Simulatorでテストを有効にしてスキルをテストすることはできません。

ダイアログアクト

現在、一部のダイアログアクトに制限があります。詳細については、Alexa Conversationsのダイアログアクトリファレンスを参照してください。それ以外の問題は次のとおりです。

API SuccessAPI Failureの問題:

  • 選択したAPI to invokeの引数名が、選択した応答の引数名と一致する必要があります。

Confirm APIの問題:

  • 選択したAPI to confirmの引数名が、選択した応答の引数名と一致する必要があります。これ以外の引数のAPI to confirmでの使用はサポートされていません。

Offer Next APIの問題:

  • このダイアログアクトが1つだけの場合、値は応答の引数名がArguments of API to Offerと同じ場合にのみ有効です。複合値はサポートされていません。
  • これが2つ目のダイアログアクトの場合、複雑な値がサポートされます。値は任意の引数にすることができ、複雑な値がサポートされます。

ダイアログアクトの制限事項の詳細については、Alexa Conversationsのダイアログアクトリファレンスを参照してください。

API

  • 現時点では、Alexa Conversationsは複数のリスト引数を取るAPIをサポートしません。(各APIは最大1つのリスト引数を取ることができます。)
  • 1つのユーザー発話を使用して、同じ型の引数を使用する2つのAPIを呼び出すことはサポートされていません。

スロット

  • Alexa Conversationsは、AMAZON.SearchQueryを除くすべてのビルトインスロットタイプをサポートします。

  • サンプルダイアログのスロットに「true」、「false」の値を使用することはできません。代わりに「yes」と「no」を使用します。

応答テンプレート

ダイアログアノテーション

  • ダイアログアノテーションのリストスロットで、アノテーションの付いた変数とスロットタイプを編集できません。回避策としては、アノテーションのついた行全体を削除し、再度注釈を付けます。

デリゲート

  • 対話モデルからAlexa Conversationsにデリゲートされる際、Alexa Conversationsのコンテキストは維持され、消去されません。
  • AMAZON.DateAmazon.PostalCodeAMAZON.DurationAMAZON.Timeのようなフォーマットされたスロットタイプを対話モデルからAlexa Conversationsに渡すことはできません。たとえば、"21740"として郵便番号を送信すると、スロットは空になります。ただし、代わりに単語("二万一千七百四十""二一七四零"など)を送信すると、スロットには正しく値が入ります。このため、回避策は値を送信する前に単語に変換することです。

最新の改善内容

Alexa Conversationsのパブリックベータ公開以降の改善点については、 Alexa Conversationsの新機能を参照してください。