Alexa Conversationsのビルトイン応答リファレンス



Alexa Conversationsのビルトイン応答リファレンス

Alexa Conversationsには、スキルで使用できるビルトイン応答が含まれています。たとえば、welcome応答、bye応答などがあります。ビルトイン応答の表示・編集には、開発者コンソールのビルドタブを使用します。

応答には、Alexa Presentation Language for Audio(APLA)形式のテキスト読み上げと、Alexa Presentation Language(APL)形式のビジュアルコンテンツ(オプション)があります。APLAおよびAPLのドキュメント内のデフォルトコンテンツは、スキルの作成時に選択するスキルテンプレートによって異なります。APLAとAPLの詳細については、APL for AudioリファレンスAlexa Presentation Language(APL)の概要を参照してください。

bye

Alexa Conversationsのビルトインのbye応答は、以下を返します。

  • shouldEndSessionの値がtrueshouldEndSessionフラグの意味の詳細については、Responseオブジェクトを参照してください。
  • bye応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)。

スキルが応答を送信すると、スキルのセッションが閉じます。

トリガーされるタイミング:

ユーザー発話が標準ビルトインインテントのAMAZON.StopIntentまたはAMAZON.CancelIntentをトリガーすると、bye応答がトリガーされます。インテントの詳細については、標準ビルトインインテントを参照してください。

動作を変更する方法:

  • この動作を上書きするには、カスタムのbyeインテントを一意の名前で定義し、AMAZON.StopIntentAMAZON.CancelIntentをトリガーしない発話をキャプチャするようにします。このメソッドを使用すると、開発者コンソールに発話の競合の警告が表示されることがあります。
  • 音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsByeのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。

out_of_domain

Alexa Conversationsのビルトインのout_of_domain応答は、out_of_domain応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)を返します。セッションは開いたままです。

トリガーされるタイミング:

out_of_domain応答は、十分に信頼できるサンプルダイアログのいずれにもユーザー発話が一致しないときにトリガーされます。

動作を変更する方法:

  • この動作を変更するには、サンプルダイアログの範囲を広げます。
  • 音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsOutOfDomainのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。

provide_help

Alexa Conversationsのビルトインのprovide_help応答は、provide_help応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)を返します。セッションは開いたままです。

トリガーされるタイミング:

ユーザー発話が標準ビルトインインテントのAMAZON.HelpIntentをトリガーすると、provide_help応答がトリガーされます。AMAZON.HelpIntentの詳細については、標準ビルトインインテントを参照してください。

動作を変更する方法:

  • この動作を上書きするには、カスタムのhelpインテントを一意の名前で定義し、AMAZON.HelpIntentをトリガーしない発話をキャプチャするようにします。このメソッドを使用すると、開発者コンソールに発話の競合の警告が表示されることがあります。
  • 音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsProvideHelpのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。

reqmore

Alexa Conversationsのビルトインのreqmore応答は、reqmore応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)を返します。セッションは開いたままです。

トリガーされるタイミング:

reqmore応答は、基本的に次のユーザーインテントのリクエストです。この応答には通常、「何をしたいですか?」などのコンテンツが含まれます。

動作を変更する方法:

音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsRequestMoreのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。

welcome

Alexa Conversationsのビルトインのwelcome応答は、welcome応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)を返します。セッションは開いたままです。

トリガーされるタイミング:

開発者コンソールのインターフェースページでAlexa Conversationsをデフォルトのダイアログマネージャーとして使用するを選択した場合、スキルが起動するとwelcome応答がトリガーされます。

動作を変更する方法:

  • Alexa Conversationsのwelcome応答を上書きするには、開発者コンソールのインターフェースページでAlexa Conversationsをデフォルトのダイアログマネージャーとして使用するを選択解除し、スキルコードでLaunchRequestを処理します。
  • Alexa Conversationsをデフォルトのダイアログマネージャーとして使用したまま、音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsWelcomeのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。

you_are_welcome

Alexa Conversationsのビルトインのyou_are_welcome応答は、you_are_welcome応答テンプレートが参照する音声コンテンツ(APLA)・ビジュアルコンテンツ(APL)を返します。セッションは開いたままです。

トリガーされるタイミング:

you_are_welcome応答は、ユーザーがAlexaに「ありがとう」やそれに類する言葉(「サンキュー」など)を言ったときにトリガーされます。

動作を変更する方法:

音声・ビジュアルコンテンツのみを変更する場合は、AlexaConversationsYouAreWelcomeのビルトインのAPLAテンプレート・APLテンプレートを編集します。