Alexa Conversations用の発話セットの追加



Alexa Conversations用の発話セットの追加

Alexa Conversationsスキルを設定するときは、ユーザーによる応答のバリエーションをグループ化した発話セットを作成します。各発話セットに、一連のサンプル発話をそれぞれ指定します。

たとえばピザ注文スキルで、Alexaがユーザーに「お持ち帰りまたはデリバリーのどちらですか?」とたずねると、ユーザーは「持ち帰ります」「持ち帰りたいです」「持ち帰りで」などと応答します。これらの発話はすべて同じアクションを表しているため、同じ発話セットにサンプル発話として指定します。

Alexa Conversationsでは、機械学習モデル改善のためのトレーニングデータとして発話セットを使用します。各発話セットのサンプル発話を作成するときは、思いつく限り多くのバリエーションを指定してください。バリエーション豊富なユーザー発話を指定することにより、ダイアログの質が全体的に向上します。

開発を始める

Alexa Conversationsを使用して開発を開始するには、ペットマッチのスキル開発チュートリアルの手順を実行する、ピザ注文リファレンススキルのコードをダウンロードする、Alexa Conversationsのスキル設定とバックエンドスキルコードを含むAlexa-hostedサンプルスキルテンプレートを使用する、といった方法があります。

ダイアログにアノテーションを付けながら発話セットを作成する方法については、ステップ3: 最初のユーザーのターンにアノテーションを付けるステップ4: 情報を提供するユーザーのターンにアノテーションを付けるチュートリアル: Alexa Conversationsのダイアログにアノテーションを付ける方法)の例を参照してください。