Alexa Conversationsのスキルモデルで一般的なエラーを回避する方法



Alexa Conversationsのスキルモデルで一般的なエラーを回避する方法

よくあるビルドエラーを回避するには、スキルモデルをビルドする前に以下の事項を確認してください。

ダイアログ

開発者コンソールのAlexa Conversations > ダイアログセクションで、以下の点を確認します。

  • すべてのダイアログで、すべてのターンに緑色のチェックマークが付いていること。
  • 次の項目の少なくとも1つを含むダイアログが1つ以上あること。
    • 引数を持つ応答
    • 必須引数とリクエストテンプレートを持つAPI
    • オプション引数とその引数を示す開始文を持つAPI
  • 必須のAPI引数すべてについて、それぞれユーザーが応答するターン(および対応する発話セット)があること。たとえば、GetWeather APIで日付と都市が必須であれば、「何日ですか?」に対するユーザーターン(および発話セット)、「どの都市ですか?」に対するユーザーターン(および発話セット)がそれぞれ必要です。
  • 各APIにRequest Argsダイアログアクトを使用するダイアログが1つ以上あること。ユーザーが最初の発話の中で引数を渡すようなダイアログは作成できません。
  • 各ダイアログで、ダイアログアクトがAlexa Conversationsでのダイアログアクトの使用に記載されている対応フローのいずれかに従っていること。

対話モデル

開発者コンソールの対話モデル > インテントセクションで、以下の点を確認します。

  • 1つ以上のサンプル発話を含むカスタムインテントが少なくとも1つは対話モデルにあること。これがないと、スキルモデルをビルドできたとしても、スキルセッションがランタイムの途中で終了する可能性があります(Alexaシミュレーターで<音声のみの応答です>のメッセージが表示されるなど)。
  • ビルトインインテントのAMAZON.FallbackIntentをインテントリストに追加していること。

API定義

開発者コンソールのAlexa Conversations > API定義セクションに移動します。API定義ページ下部の戻り値セクションで、各API定義の戻り値の型が指定されていることを確認します。

発話セット

開発者コンソールのAlexa Conversations > 発話セットセクションで、発話セットに空のスロット定義がないことを確認します。