OrderReferenceDetails | Amazon Pay Japan

OrderReferenceDetails

Order Referenceオブジェクトの詳細と現在の状態です。

要素名 タイプ 説明
AmazonOrderReferenceId xs:string Amazonボタンウィジェットから返されたOrder ReferenceのID
Buyer Buyer 購入者についての詳細を提供します。この情報はOrder Referenceを承認した後でのみ返されます。
OrderTotal OrderTotal このOrder Referenceオブジェクトで合計金額を表します。このレスポンス要素は、SetBillingAgreementDetails処理呼び出しでセットしなかった場合は返されません。
SellerNote xs:string 購入者へのメールに表示される注文の説明を表します。このレスポンス要素は、SetBillingAgreementDetails処理呼び出しでセットしなかった場合は返されません。

最大:1024文字
PlatformId xs:string 開発されたプラットフォームとしてのソリューションプロバイダーのSellerIdを表します。このレスポンス要素は、SetBillingAgreementDetails処理呼び出しでセットしなかった場合は返されません。
Destination Destination アドレス帳 ウィジェットを経由して購入者が選択した住所を表します。

完全な購入者情報は、Order Referenceを承認した後か、GetBillingAgreementDetails処理に有効なAccessTokenを指定したときのみ返されます。それまでは、 都道府県郵便番号要素のみ返されます。
ReleaseEnvironment xs:string Live (本番環境)かSandbox(テスト環境)を返します。
SellerOrderAttributes SellerOrderAttributes OrderReferenceオブジェクトを更に詳しい情報を提示します。このレスポンス要素は、SetBillingAgreementDetails処理呼び出しでセットしなかった場合は返されません。
OrderReferenceStatus OrderReferenceStatus Order Referenceの現在のステータスを表します。

状態理由コードのレスポンス要素の詳しい情報は、Order Referenceの状態と理由コードを参照してください。
Constraints Constraints 間違いまたは正しくないエラー情報を表す制約のリストです。制約があることはOrder Referenceを承認する状態ではなく、支払処理を利用することができません。

詳しい情報はOrder Reference制約を確認してください。
CreationTimestamp xs:dateTime Order Referenceが生成された日時(UTC)です。ISO8601形式
ExpirationTimestamp xs:dateTime Order Referenceの有効期限の日時(UTC)であり、これ以上の日時ではオーソリリクエストすることができません。ISO8601形式です。

注意 :Order Referenceは承認されてから180日間が期限です。生成されてから3時間以内に承認しなければ、Amazonによってキャンセルされます。
IdList List of Type: xs:string このOrder Referenceオブジェクトにリクエストされた AmazonAuthorizationIdのリストです。

このOrder Referenceでオーソリのリクエストをしていない場合は、このリストは空です。