Capture状態と理由コード | Amazon Pay Japan

Capture状態と理由コード

次の図は売上請求(Capture)オブジェクトの状態遷移です。

次の表はそれぞれのオーソリ状態の詳細、許可されている処理、その状態になった理由の説明です。

状態 説明 許可されている処理 理由コード
Pending 売上請求オブジェクトは、Amazonが処理するまではPending状態です。 GetCaptureDetails
Declined オーソリに対して30日間(SANDBOXでは2日間)以内に売上請求をしなければなりません。

売上請求がDeclinedの場合は、Order ReferenceがOpen状態であれば、まだ新しいオーソリと売上請求を要求できます。
GetCaptureDetails AmazonRejected
Amazonは売上請求を拒否しました。オーソリがOpen 状態であれば、もう一度売上請求を試みるべきです。

ProcessingFailure
Amazonは内部処理エラーでトランザクションを処理できませんでした。オーソリが Open 状態であれば、もう一度売上請求を試みるべきです。他の方法としては、新しいオーソリを要求し、それからCaptureを呼び出します。
Completed 売上請求オブジェクトは処理され、資金は次の支払サイクルで販売事業者のアカウントに支払われます。 GetCaptureDetails

Refund
Closed 売上請求オブジェクトがClosed状態に遷移したときは、売上請求に対して返金リクエストはできません。 GetCaptureDetails MaxAmountRefunded
売上請求額に対して15%か8,400円のどちらか低い額まで加算した金額まで返金しているか、Amazonマーケットプレイス保証またはチャージバックが発生しています。

MaxRefundsProcessed
この売上請求オブジェクトに対して既に10個の返金を発行しています。

AmazonClosed
Amazonは販売事業者または購入者アカウントに問題があった為に売上請求をClosedにしました。