開発の可能性を学ぶ

Alexaコネクテッドデバイス

Alexaに接続可能なデバイス

日常的に使用する家庭用機器(照明やドアロックなど)から、まだ実用化されていない新しいデバイスまで、あらゆるデバイスをAlexaに接続してユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。Alexaを使用すると、ユーザーによるデバイスの音声制御や、定型アクションを使用した自動制御が可能になります。また、ユーザーのEchoデバイスと同期して応答する楽しいアクセサリを開発することもできます。さらに、Works with Alexa認定プログラムを使用して製品の認定を受けることで、製品がユーザーに見つかりやすくなるだけでなく、直感的かつ簡単に使える製品であることを証明することもできます。

connected devices image

サポートされるデバイスタイプ

Amazonのスマートデバイス開発ツールを使えば、あらゆるデバイスをAlexaに接続できます。また、以下のような一般的なタイプのデバイス開発を始めるためのリソースを見つけることもできます。

照明

スマート照明のオン/オフ、明るさの調節、色の指定、色温度の指定などの操作をAlexaで行うことができます。

カメラ

Alexaに話しかけて、スマートホームカメラのライブビデオフィードや録画したビデオフィードをEcho Show、Echo Spot、FireTVで視聴できます。プロトコル、解像度、認証タイプ、コーデックなど、カメラストリームのさまざまなアトリビュートを指定できます。

サーモスタット

Alexaでサーモスタットの設定制御や現在温度を照会できます。モードの照会や制御だけでなく、設定値が1つ、2つ、3つのサーモスタットもサポートしています。

調理器具

Alexaを使用して、オーブン、圧力鍋、コーヒーメーカー、トースター、スロークッカーなどの調理器具を制御できます。ハンズフリーの音声制御を有効にして、Alexaアプリでステータスも更新できます。

エンターテイメントデバイス

スマートTV、受信機、その他のエンターテイメントデバイス(入力、チャンネル、スピーカーなど)を音声制御できます。再生コントロールでは、早送り、早戻し、一時停止などが行えます。

ドアロック

Alexaはドアロックの状態を確認し、ユーザーに代わってドアをロックできます。ロックリクエストに同期または非同期のどちらで応答するかは、さまざまな要素の中で、デバイスがどれだけ速くリクエストを完了できるかに応じて選択できます。

スマートトイ

没入感のあるAlexaとの対話をスマートトイ製品と統合できます。想像力あふれる尽きることのない体験、コンテンツ、ブランドを、ボードゲーム、可動フィギュア、ノベルティなどで実現できます。

スマートクロック

時計をAlexaに接続すると、実用的な機能とユーザーが楽しめる機能を組み合わせて使用できます。革新的な技術でAlexaの優れた時間管理機能とタイマー機能を製品に組み込んで、卓越したスマートクロックを設計することができます。

その他のスマートデバイス

スマートホームスキルAPIは非常に柔軟で、ほぼすべてのスマートデバイスをサポートしています。デバイスインターフェースをブロックを積み上げるように面白い方法で組み合わせて使用し、ガレージリモコン、センサー、ブラインドといったあらゆるデバイスをサポートできます。開発を始める際は、Amazonのデバイステンプレートをご利用ください。

Alexaを使った他社の開発事例

Alexaコネクテッド製品の数は増え続けています。Amazon.co.jpで、AlexaスマートホームAlexa Gadgetsの互換性のある多様な製品を参照し、開発者スポットライトで以下の具体的な事例をご確認ください。

Wyze Labs: スマートカメラ

「Works with Alexa認定プログラムにより、パートナーシップや知名度が飛躍的に広がり、当社製品が一般のお客様に広く知られるようになりました。Works with Alexa認定は、お客様の操作性を大幅に向上させるだけでなく、オンライン/オフライン両方の市場を拡大して当社の売上を大きく向上させるのにも役立っています」とWyze Labsの共同創立者兼COOのElana Fishman氏は述べています。

Gemmy: ダンシングプラッシュアニマトロニクス

Gemmy社ではAlexa Gadgets Toolkitを使用して、Alexaが読み上げる天気予報のリップシンク、タイマーに対する反応、Amazon Musicの音楽に合わせた動きなど、ユーザーとAlexaの対話に反応するさまざまなダンシングプラッシュアニマトロニクスを開発しています。

Haiku Home: スマートシーリングファン

Big Ass Fans(BAF)は、今後間違いなく音声がユーザーインターフェースの中心になると考えています。BAFのユーザーは「アレクサ、ファンを上に向けて」と言うだけで、壁のスイッチもモバイルアプリも使わずにスマートシーリングファンを制御できます。

Next Steps