コネクテッドデバイスを開発する

Alexaコネクテッドデバイス

スマートホームスキルを公開する

開発したスキルのテストが完了し、ユーザーがAlexaを使ってスマートデバイスを制御できる状態になったら、完成したスキルを提出して認定申請をしましょう。スキルが認定に合格すると、Alexaスキルストアで公開され、ユーザーがスキルを見つけて使用できるようになります。Amazon Echo、Echo Dot、Echo ShowなどのAlexa搭載デバイスから、何千万ものユーザーにリーチできます。スマートホームスキル公開のガイドを参照して、スキルがそのスキルタイプ特有の認定要件を満たしていることを確認してください。

製品の認定を申請する

Alexaへのデバイスの接続方法(直接、ローカル、クラウド)にかかわらず、Works with Alexa認定プログラムを使用して製品の認定を申請できます。製品が認定されると、Amazonスマートホームストアと製品パッケージにWorks with Alexa認定バッジを貼付できます。Certified for Humans認定プログラムに申請することもできます。これは、Alexa互換デバイス向けの認定とマーケティングのプログラムで、シンプルで信頼できる高品質のスマートホーム製品をユーザーが探すのに役立ちます。

Works with Alexa認定の詳細
Certified for Humans認定の詳細

評価と改良

スキルと製品に少しずつ磨きをかけ、新機能を追加して、ユーザーエクスペリエンスを向上させましょう。

ユーザーのフィードバックを収集する

スマートホームスキルでも、Amazon.co.jpで販売されるスマートホーム製品でも、ユーザーのフィードバックをチェックしましょう。ユーザーが何に満足していて、どういった追加機能を求めているかがわかります。

使用状況データを分析する

レポートダッシュボードに表示されるスキルの使用状況データをよく観察し、ユーザー、セッション、発話、インテントに関するデータやグラフを分析しましょう。Alexa開発者コンソールでは、変更レポートや発生した処理エラーがほぼリアルタイムで視覚的に表示されます。

AWSプロモーションクレジットでレベルアップする

アマゾンウェブサービスを使用して、新機能を追加し、スキルを進化させましょう。開発したスキルにAWS使用料が発生した場合は、AWSプロモーションクレジットをお申し込みください。

次のステップ

クラウド

スマートホームAPIとカスタムスキルAPIを使用して、デバイス制御クラウドをAlexaに接続できます。ユーザーがデバイスを制御しようとするとAlexaからスキルにアラートが送られ、スキルとクラウドサービスがインターネット経由でデバイスに指示を送ります。

ローカル

Zigbeeやその他のスマートホームハブを使用して、新登場のEcho ShowやEcho Plusにデバイスを接続できます。Alexaはインターネット経由でハブと通信し、ハブがデバイスと通信します。

デバイス

Alexa Connect Kit(ACK)を使用して、Amazonが設計したハードウェアモジュールをデバイスに統合できます。Alexaはインターネット経由でACKモジュールと通信し、モジュールはシリアルインターフェースを使用してデバイスと通信します。

Echoデバイスとのペアリング

Alexa Gadgets Toolkitを使用して、Bluetooth経由で互換性のあるEchoデバイスとペアリングできる魅力的なアクサセリを開発します。Echoは、タイマー、アラーム、読み上げ機能(TTS)などのイベント情報をデバイスに送信します。