コネクテッドデバイスのエクスペリエンスを設計する

Alexaコネクテッドデバイス

Alexaコネクテッドデバイスのエクスペリエンスを考える

Alexaコネクテッドデバイスで優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、どのAlexaの機能を有効にして、接続オプションを選ぶかを適切に決めなければなりません。適切な接続方法が決まっている機能もあるため、この2つは同時に決定します。次に、デバイスの開発に進みます。

音声を利用する

音声ユーザーインターフェース(VUI)を使えば、話しかけることでコンピューターやデバイスを制御できます。つまり、『スタートレック』に出てくるコンピューターやAlexaのような音声エクスペリエンスを実現できるのです。音声を使うことで、より速く、簡単に、楽しく操作ができるのであれば、これほどすばらしいことはありません。最先端のVUIはどんどん進化していきます。話しかけるたびにユーザーの話し方のパターンを学習し、自分で語彙も増やしていきます。Alexaを使用して開発することで、自動音声認識(ASR)、自然言語理解(NLU)、読み上げ機能(TTS)といったAmazonの専門知識を開発者が活用できるため、あらゆるデバイスに向けて多彩で魅力的なユーザーエクスペリエンスを簡単に開発できるようになります。

コネクテッドデバイス設計の決定

Alexaにデバイスを接続するには、クラウドでスキルを使う方法、ローカルでスマートホームハブを使う方法、デバイスでAlexa Connect Kit(ACK)を使う方法のほか、Bluetoothを使ってEchoデバイスとペアリングする方法があります。こうしたオプションを使うことで、ユーザーにとって適切なエクスペリエンスを柔軟に提供することができます。

  クラウド デバイス On Your Device Echoデバイスとのペアリング

事例

音声コマンドや、時刻やトリガーで自動的にAlexaを制御したい場合。Alexa定型アクションとグループでサポートされます。

Echoデバイスや音声コマンドからのイベントに反応するAlexa Gadgetを開発します。

サポートするデバイス

任意のスマートデバイス

照明、ドアロック、プラグ、スイッチ、センサー

任意のスマートデバイス

任意のガジェット(おもちゃ、照明、モーター、アクチュエータなど)

デバイスにAlexaスキルが必要

はい

いいえ

ACKで提供

オプション

音声ユーザーインターフェース

ビルトイン

ビルトイン

ビルトイン

カスタム

Works with Alexa認定とCertified for Humans認定の申請対象

はい

はい

はい

いいえ

開発情報

スマートホームスキルAPI

ZigbeeとEcho Plus

Alexa Connect Kit

Alexa Gadgets Toolkit

スマートホームスキルの開発ガイドライン

クラウドでAlexaにスマートデバイスを接続する場合は、スマートホームスキルを開発する必要があります。ユーザーがスマートホームコマンドを発話すると、Alexaはスキルにディレクティブを送信します。また、新しいデバイスを探したりデバイスのステータスを確認したりするために、リクエストを送信することもあります。

更新されたスマートホームスキルAPI(プレビュー)を使用することで、ネイティブのAlexaスマートホームインテントとユーザー定義のカスタムインテントを組み合わせて、1つのスキルを作成できるようになりました。これにより、固有の機能だけでなく、デバイスに適した追加の発話もサポートすることができます。詳細については、スマートホームスキルの作成手順を参照してください。

Works with Alexa(WWA)認定プログラムのガイドライン

コネクテッドデバイスメーカーがWorks with Alexa認定の申請資格を得るためには、Works with Alexa(WWA)認定プログラムのガイドラインに従う必要があります。Works with Alexa認定製品であることを証明するには、Works with Alexa認定バッジを使う必要があります。

すべてのデバイスは、Works with Alexaのセキュリティに関するベストプラクティスに従う必要があります。また、Alexaスキルを必要とするすべてのデバイスは、関連する要件を満たす必要があります。デバイスのエクスペリエンスをデザインする際は、Works with Alexa(WWA)認定プログラムガイドラインを確認してください。

Next Steps