コネクテッドデバイスを開発する

Alexaコネクテッドデバイス

Alexaにデバイスを接続する

Alexaにデバイスを接続するには、クラウドでスマートホームスキルを使う方法、ローカルでEcho Plusやその他のハブを使う方法、ハードウェアでAlexa Connect Kitを使う方法などがあります。また、Bluetooth経由でEchoデバイスとペアリングすることもできます。いずれの場合も、Amazonの技術資料や各種ツール、開発者フォーラムを活用できます。

デバイス接続オプション

クラウド

スマートホームAPIとカスタムスキルAPIを使用して、デバイス制御クラウドをAlexaに接続できます。ユーザーがデバイスを制御しようとするとAlexaからスキルにアラートが送られ、スキルとクラウドサービスがインターネット経由でデバイスに指示を送ります。

ローカル

Zigbeeやその他のスマートホームハブを使用して、新登場のEcho ShowやEcho Plusにデバイスを接続できます。Alexaはインターネット経由でハブと通信し、ハブがデバイスと通信します。

デバイス

Alexa Connect Kit(ACK)を使用して、Amazonが設計したハードウェアモジュールをデバイスに統合できます。Alexaはインターネット経由でACKモジュールと通信し、モジュールはシリアルインターフェースを使用してデバイスと通信します。

Echoデバイスとのペアリング

BluetoothとAlexa Gadgets Toolkitを使用してデバイスとEchoデバイスをペアリングし、Echoの動作に反応するアクセサリを開発することができます。Echoは、タイマー、アラーム、読み上げ機能(TTS)などのイベント情報をデバイスに送信します。

ソリューションのテスト

サービスシミュレーター

サービスシミュレーターを使用して、スキルのサービスをテストしましょう。テキストを入力し、画面でサービスの入力と出力を確認するだけです。

Echosim

Echosimを使用して、ユーザーエクスペリエンスをテストしましょう。このオンラインコミュニティツールでは、Amazon Echoの操作感をシミュレートできます。

スキルのベータテストツール

最大2,000人のベータユーザーを招待し、Alexaスキルをテストしてもらい、フィードバックを収集することができます。招待するユーザーを選んで、テスト対象のスマートデバイスをテスターに提供します。

Next Steps