検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

A3L Messagingのテスト

A3L Messagingのテスト

AndroidデバイスとFire OSデバイスにアプリをデプロイし、テストメッセージを送信することで、アプリをテストできます。このページでは、テストメッセージ送信時の3つのオプション(コンソール、サーバー側のスクリプト、ソリューション固有のAPI)について説明します。

通知を送信するには、アプリをインストールしたデバイスのデバイスIDが必要です。デバイスIDの取得方法の詳細については、A3L Messagingを初期化する方法を参照してください。

コンソールを使用したテスト方法

FCMとADMには、どちらもプッシュ通知を送信できるコンソールが用意されています。UIエクスペリエンスを利用したい場合は、この方法を使用できます。

ADMコンソールを使用してアプリをテストする方法

ADMとの統合をテストするには、ADMコンソールを使用し、以下の手順に従ってプッシュ通知を送信します。

  1. ADMコンソールにアクセスし、プロンプトが表示された場合はログインします。
  2. [ターゲットアプリ] を選択します。
  3. アプリの [クライアントIDとクライアントシークレット] を入力します。これらは、ADMの認証情報を取得したときに既に取得しています。
  4. [デバイス登録ID] フィールドに、A3L Messagingを初期化したときに取得したデバイスIDを入力します。
  5. [データメッセージ] を選択します。
  6. 送信する通知のキーと値のペアを追加します。
    • タイトルを追加するには、[キー] に「a3l.notification.title」、[値] に任意の通知タイトルを設定します。
    • 本文を追加するには、[キー] に「a3l.notification.body」、[値] に任意の通知テキストを設定します。
    • 必要に応じて画像を追加するには、[キー] に「a3l.notification.image」、[値] に画像のURLを設定します。
    • 必要なフィールドをすべて追加します。すべてのフィールドの一覧と、Androidの通知との対応関係については、A3L Messagingの通知キー参照してください。
  7. [メッセージの有効期間] セクションで、メッセージの有効期間を選択します。
  8. キーと値のペアをすべて追加したら、[テストメッセージを送信] をクリックします。

その後、デバイスで通知を確認してください。

独自のキーと値のペアを使用して、カスタムメッセージを送信することもできます。キーの名前は自由に選択できますが、A3L Messagingの通知キーとは異なる名前にしてください。カスタムメッセージは、A3LMessagingServiceクラスの実装のonMessageReceivedメソッド内で処理する必要があります。

Firebaseコンソールを使用してアプリをテストする方法

FCMとの統合をテストするには、FirebaseコンソールのNotifications Composerを使用してプッシュ通知を送信します。

  1. Firebaseコンソールにアクセスします。
  2. テストプッシュ通知を送信するプロジェクトを選択します。
  3. 左側のサイドバーの [エンゲージメント] セクションを展開し、[Cloud Messaging] を選択します。
  4. [新しい通知] をクリックします。
  5. [通知テキスト] フィールドにメッセージを入力します。必要に応じて、[通知のタイトル][通知画像][通知名] フィールドも入力できます。
  6. [デバイスのプレビュー] セクションで、[テストメッセージを送信] をクリックします。
  7. オーバーレイの [FCM登録トークンを追加] フィールドにデバイスIDを入力します。デバイスIDは、A3L Messagingを初期化したときに取得しています。
  8. [テスト] をクリックします。

アプリにプッシュ通知が届きます。

サーバー側のスクリプトを使用したテスト方法

次のサーバー側のスクリプトを使用して、デバイスに通知を送信できます。

  • ADMWebServer.py:Fire OSデバイスに通知を送信するPythonスクリプトです。
  • FCMWebServer.py:Androidデバイスに通知を送信するPythonスクリプトです。

以下のボタンをクリックすると、スクリプトのコードを取得できます。テスト通知を送信するには、コードをコピーしてエディターに貼り付け、コメントで示されている値を更新します。その後、それぞれをpyファイルとして保存し、スクリプトを実行します。

ソリューション固有のAPIを使用したテスト方法

FCMとADMには、どちらもデバイスにメッセージを送信するためのAPIが用意されています。これらのAPIを使用してメッセージを送信する方法の詳細については、以下のガイドを参照してください。

A3L Messagingの通知キー

A3L Messagingの通知キーは、Androidの通知キーと似ています。A3L Messagingのすべての通知キーには、ベースフィールド名の前に「a3l.notification.」というプレフィックスが付いています。このプレフィックスにより、同様のフィールド名を持つAndroidの通知キーとの競合が回避されます。

A3L Messagingの通知フィールドは、Androidの対応する通知フィールドと同じように動作します。フィールドのデータ型と機能は同じです。次の表は、A3L Messagingの通知フィールドとAndroidの対応する通知フィールドの完全な一覧です。

A3L Messagingの通知フィールド Androidの通知フィールド
a3l.notification.title title
a3l.notification.body body
a3l.notification.image image
a3l.notification.icon icon
a3l.notification.color color
a3l.notification.sound sound
a3l.notification.tag tag
a3l.notification.click_action click_action
a3l.notification.channel_id channel_id
a3l.notification.sticky sticky
a3l.notification.event_time event_time
a3l.notification.local_only local_only
a3l.notification.notification_priority notification_priority
a3l.notification.default_sound default_sound
a3l.notification.visibility visibility
a3l.notification.notification_count notification_count

トラブルシューティング

エミュレーターデバイスの使用中に、「No Valid Platform Found」(有効なプラットフォームがありません)というエラーでA3Lがクラッシュした場合は、エミュレーターにGoogle Playサービスがインストールされていない可能性があります。この場合は、これらのデバイスでテストを行う前に、Google Playサービスをセットアップする必要があります。