開発者コンソール

AmazonアプリストアEasy Port

AmazonアプリストアEasy Port請求アスペクト

アプリがGoogle Play請求サービスを使用していて、Play Billing Libraryバージョン5.2.1(英語のみ)と統合されている場合は、アプリでAmazonアプリストアEasy Portの請求アスペクトを使用することで、アプリをFire OSに移植できます。Easy Portの請求アスペクトは、Play Billing Library v5.2.1を対象に、ライブラリのAPI呼び出しをAppstore請求サービス対応v4.1.0の呼び出しに置き換えます。

要件

  • アプリがまだAmazonアプリ内課金(IAP)APIと統合されていないことが必要です。アプリでは、Appstore SDKやAppstore請求サービス対応SDKを通じてAmazon IAPを使用することはできません。
  • アプリがAmazonアプリストアEasy Portプラグインと統合されている必要があります。統合手順については、AmazonアプリストアEasy Portプラグインとの統合を参照してください。
  • アプリのターゲットAPIレベルが24以上であるか、アプリでJava8+ APIの脱糖(desugaring)(英語のみ)が有効になっている必要があります。
  • メインUIスレッドのアクティビティで、アプリがonCreate()メソッドでGoogleのBillingClientオブジェクトをインスタンス化している必要があります。アプリでは、BillingClientのインスタンスを一度に1つだけ保持している必要があります。
  • アプリ内課金に関連するすべてのビジネスロジックが、単一のモジュールに含まれている必要があります。アスペクトはそのモジュールに適用します。アスペクトを複数のモジュールに適用することはできません。

プロジェクトにAmazonアプリストアEasy Portの請求アスペクトと関連リソースを追加するには、以下の手順を使用します。

  1. Play Billing Library v5.2.1と直接統合されているモジュールを特定し、そのモジュールにEasy Portプラグインを適用します。手順については、AmazonアプリストアEasy Portプラグインの適用と構成を参照してください。
  2. プラグインを構成して変更を同期した後、Gradleタスクを確認すると、easy Portグループの下にAspectDownloadTaskという名前のタスクが見つかります。このタスクを実行すると、必要なアスペクトがダウンロードされ、次のように適切なフォルダにアセットがコピーされます。
    • src/easyPort - アスペクトクラスを含むフォルダ
    • src/main/java/easyport - Easy Portアノテーションを含むフォルダ
    • libs/appstore-billing-compatibility-<バージョン>.jar - Appstore請求サービス対応SDKのJARファイル

      Appstore請求サービス対応SDKのJARファイルのパスを特定するには、AspectDownloadTaskのログを確認してください。
      ログの例は次のようになります。

      
          Add the following libs to the dependencies block in build.gradle.
          [libs/appstore-billing-compatibility-4.1.0.jar]
          

    アスペクトを追加する代替方法

    次の手順を使用すると、アスペクトとリソースを手動でダウンロードして追加できます。

    1. 以下から請求アスペクトをダウンロードします。

    2. モジュールのsrcフォルダに、アスペクトファイルを含むeasyPortフォルダを追加します。
    3. 以下から請求アノテーションファイルをダウンロードします。

    4. モジュールのメインのjavaフォルダに、アノテーションを含むeasyportフォルダを追加します。
    5. Appstore請求サービス対応SDKをダウンロードし、JARライブラリファイルをモジュールのlibsフォルダにコピーします。コードを難読化する場合は、IAPとコード難読化のガイダンスに従って、IAP機能がコード難読化の影響を受けないようにしてください。
  3. 前のステップでダウンロードしたJARファイルを、次のようにモジュールのビルドファイルのdependenciesブロックに追加します。

     

    クリップボードにコピーされました。

      easyPortImplementation(files("libs/appstore-billing-compatibility-<バージョン>.jar"))
    

     

    クリップボードにコピーされました。

      easyPortImplementation(files("libs/appstore-billing-compatibility-<バージョン>.jar"))
    
    <バージョン>には、ダウンロードしたAppstore請求サービス対応SDKのJARファイルのバージョンを指定します。
  4. 手順2で追加された、アスペクトを格納しているeasyPortフォルダに、assetsフォルダを作成してAppstoreAuthenticationKey.pemファイルを追加します。PEMファイルを取得するには、Appstore SDKにパブリックキーを設定するの手順に従います。
  5. アプリで定期購入型アイテムを提供する場合は、次の手順に従います。
    1. 開発者コンソールで定期購入型アイテムを追加し、JSONファイルにエクスポートします。手順については、Appstore請求サービス対応定期購入型アイテムを参照してください。
    2. アプリ内課金(IAP)アイテムのリストをエクスポートしたら、amazon.sdktester.jsonファイルをeasyPortフォルダの下のassetsフォルダに保存します。
  6. 競合がある場合は解決します。

Last updated: 2024年5月23日