検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

A3L Messagingの実装

A3L Messagingの実装

A3L Messaging SDKの概要については、ビデオチュートリアルを参照してください。

A3L Messagingを使用するには、まずFirebase Cloud Messaging(FCM)とAmazon Device Messaging(ADM)の認証情報をセットアップします。その後、A3L Messagingライブラリをプロジェクトに追加します。このページでは、これらの手順について説明します。

FCMとADMの認証情報を取得する方法

A3L Messagingでは、メッセージ配信は個々のメッセージングソリューションに依存しています。したがって、GoogleとAmazonの両方から認証情報を取得する必要があります。

A3L Messagingを依存関係として追加する方法

次の手順に従って、A3L Messaging SDKをプロジェクトの依存関係として追加します。

  1. A3L Messaging SDKをダウンロードします。

  2. プロジェクトのライブラリフォルダにaarファイルを追加します。
    1. Android Studioの [Project] ペインで、[Project] ビューを選択し、appフォルダを展開します。
    2. libsフォルダがない場合は、作成します。
    3. libsフォルダにA3L-Messaging-1.0.0.aarを追加します。
  3. A3L Messagingをプロジェクトの依存関係として追加します。build.gradleファイルで、次の行を追加します。
     dependencies {
         ...
         implementation files("libs/A3L-Messaging-1.0.0.aar")
     }
    
  4. Firebase Cloud Messagingを依存関係として追加します。build.gradleファイルで、次の行を追加します。
     dependencies {
         ...
         implementation 'com.google.firebase:firebase-messaging:23.0.0'
     }
    
  5. build.gradleファイルの上部に表示される [Sync Now] をクリックして、プロジェクトを同期します。

次のステップ

A3L Messaging SDKの統合を参照してください。