検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

A3L Messagingについて

A3L Messagingについて

A3L Messaging SDKは、アプリストアに依存しない抽象化ライブラリです。これにより、コードの移植と管理に必要な労力を軽減することができます。A3L Messaging SDKを使用すると、コードを1回記述するだけで、同じコードを使用したアプリをGoogle PlayとAmazonアプリストアの両方に申請できます。A3L Messagingを使用しない場合、クラウドメッセージングなどの機能をアプリに追加する際は、Androidデバイス用のソリューションとFire OSデバイス用のソリューションをそれぞれ実装する必要がありますが、A3L Messaging SDKを使用する場合は、このSDKによってソリューション固有の詳細が処理されます。A3L Messaging SDKに用意されている共通インターフェイスを使用することで、AndroidデバイスとFire OSデバイスの両方に1つで対応できる実装を作成することが可能になります。

A3L Messaging SDKは、アプリにメッセージを送信するために使用できるクラウドメッセージング用の抽象化ライブラリで、AndroidデバイスとFire OSデバイスをサポートしています。A3L Messaging SDKは、Androidデバイスの場合はFirebase Cloud Messaging(FCM)に、Fire OSデバイスの場合はAmazon Device Messaging(ADM)にそれぞれ依存します。

機能の比較

A3L Messagingを使用すると、プッシュ通知を送信してユーザーエンゲージメントを高めたり、カスタムデータメッセージを送信してアプリで処理したりすることができます。次の表は、A3L Messaging SDKで提供される機能をFCMおよびADMと比較してまとめたものです。

FCM、ADM、A3L Messagingの機能サポートの比較

カテゴリー 機能 FCM ADM A3L Messaging
メッセージのタイプ プッシュ通知
メッセージのタイプ データメッセージ
メッセージのタイプ データを含むプッシュ通知
ターゲットを絞ったメッセージング シングルデバイスメッセージング
ターゲットを絞ったメッセージング デバイスグループメッセージング
ターゲットを絞ったメッセージング トピックメッセージング
クライアントからサーバーへのメッセージング アップストリームメッセージング

Androidデバイスでサポート    Fire OSデバイスでサポート

A3L Messaging SDKのダウンロード

A3L Messaging SDKは以下からダウンロード可能です。

次のステップ

A3L Messagingの実装を参照してください。