検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

A3L Authenticationサンプルアプリ

A3L Authenticationサンプルアプリ

このページでは、A3L Authentication SDKを使用して作成されたサンプルアプリについて説明します。このアプリの目的は、A3L Authenticationとの統合方法を示すことです。このアプリを実行するにあたり、コードの記述は不要ですが、構成は設定する必要があります。このアプリは、Google Play対応デバイスとFire OSデバイスの両方にインストールできます。このアプリでGoogleアカウントにログインすると、詳細なプロフィールを取得できます。このアプリには、ログアウト機能とアクセスの取り消し機能も実装されています。

サンプルアプリプロジェクトのダウンロード

A3L Authentication SDKのダウンロードには、JavaとKotlinのサンプルアプリプロジェクトが含まれています。このSDKはSDKのダウンロードからダウンロードできます。このファイルには、サンプルアプリの構成・ビルドに使用できるAndroidプロジェクトが含まれています。

プロジェクトのビルド時に「SDK location not found」というエラーが発生した場合は、プロジェクトのルートにあるlocal.propertiesファイルに、Android SDKの場所を示す行を追加します。

例:

  • Windowsの場合は、sdk.dir=C:\\Users\\<ユーザー名>\\AppData\\Local\\Android\\sdkという行を追加します。
  • Macの場合は、sdk.dir=/Users/<ユーザー名>/Library/Android/sdkという行を追加します。

<ユーザー名>は実際のユーザー名に置き換えてください。

サンプルアプリの設定

サンプルアプリを設定するには、以下の手順に従います。

  1. Google APIコンソールから提供されるAndroidクライアントIDとOAuth 2.0クライアントIDを取得します(後者は必要に応じて)。IDの取得方法の詳細については、Google APIコンソールの設定を参照してください。

  2. app/src/res/values/strings.xmlファイルを開き、app_client_idserver_client_idのプレースホルダー値を更新します。

     <string name="app_client_id">PREFIX</string>
     <string name="server_client_id">SERVER_CLIENT_ID</string>
    

    PREFIXをAndroidクライアントIDのプレフィックス(.apps.googleusercontent.comの前のテキスト)に置き換え、SERVER_CLIENT_IDをOAuth2.0クライアントIDに置き換えます。

  3. アプリのbuild.gradleファイルを開きます。appAuthRedirectSchemeのプレースホルダー値を更新します。

     defaultConfig {
             -----------------
             manifestPlaceholders = [
                     'appAuthRedirectScheme': 'com.googleusercontent.apps.<PREFIX>'
             ]
             ------------------
         }
    

    <PREFIX>をAndroidクライアントIDのプレフィックス(.apps.googleusercontent.comの前のテキスト)に置き換えます。

サンプルアプリのテスト

以下の手順に従ってサンプルアプリをテストします。

  1. 前のセクションの設定手順を完了したら、アプリをビルドします。
  2. Google Playサービスが有効になっているAndroidデバイス、またはFire OSデバイスにアプリをインストールします。
  3. アプリを起動します。アプリに「A3L Auth」というテキストと [Sign in with Google] ボタンが表示されます。
  4. [Sign in with Google] をクリックします。アプリからログインフローにリダイレクトされます。ログインフローは、アプリがインストールされたデバイスによって異なります。
  5. ログインすると、アプリに詳細なプロフィールと2つのボタン([Revoke Access][Sign Out])が表示されます。ボタンをクリックして機能を確認します。