Step 9: 返金のリクエスト | Amazon Pay Japan

Step 9: 返金のリクエスト

返金処理を呼び出すことで以前に売上請求処理が成功したものに対して全額または一部返金を行うことができます。売上請求処理は返金処理を呼び出すために必要なAmazonCaptureIdを生成します。

注意:返金を開始するための制限時間はありません。しかしながら、期間が長い返金リクエストを行った場合は、すでに支払方法が無効になっている可能性が高く返金に失敗することがあります。

返金オブジェクト

Amazon Payでは、返金オブジェクトは以前に購入者アカウントから売上請求した資金をアカウントに戻したことを意味します。返金オブジェクトは次の3つ状態のどれかになります。

  • Pending - Amazonは返金をリアルタイムで処理しません。最初に返金リクエストを提示した時、返金オブジェクトは常にPending状態です。返金オブジェクトはAmazonによってそれが処理されるまでPending状態で存続します。処理時間は可変で数時間を必要とします。処理が完了した後、Amazonは処理ステータスを通知します。最後の返金ステータスを受け取るための方法についての詳しい情報は、下記「返金ステータス」を参照してください。
  • Declined - Amazon Payによってリクエストが拒否された場合は、返金オブジェクトはDeclined状態になります。詳しい情報は「返金の失敗」を参照してください。
  • Completed - 返金の処理が成功した後、返金オブジェクトはCompleted状態になります。

返金の失敗

返金処理の呼び出しが失敗した場合は、レスポンスに以下の2つの理由コードの内の1つが含まれ参照できます。

AmazonRejected

AmazonRejectedはAmazonによって返金処理が失敗になったことを示します。このケースでは、テクニカルサポートにお問合せください。

ProcessingFailure

ProcessingFailureは次の1つを示します。

  • Amazonは内部処理エラーのためにトランザクションを処理できませんでした。
  • 購入者はすでにAmazonマーケットプレイス保証、または、チャージバックから返金を受け取っています。

レスポンス内でProcessingFailureの理由コードを受け取っている場合は、最初にセラーセントラルのパフォーマンスをクリックして、注文のAmazonマーケットプレイス保証とチャージバックステータスをチェックしてください。購入者からAmazonマーケットプレイス保証またはチャージバックが発生しており、売上請求オブジェクトがまだCompleted状態である場合は、リクエストを1、2分内でリトライします。リトライの試みが成功しなかった場合は、テクニカルサポートにお問合せください。

次のサンプルは返金処理を呼び出す方法を表します。

 
https://mws.amazonservices.com/OffAmazonPayments_Sandbox/2013-01-01  
?AWSAccessKeyId=AKIAFBM3LG5JEEXAMPLE  
&Action=Refund  
&AmazonCaptureId=S23-1234567-1234567-0000002  
&RefundAmount.Amount=94.50  
&RefundAmount.CurrencyCode=USD  
&RefundReferenceId=test_refund_1  
&SellerRefundNote=Refund%20for%20Blue%20Shoes  
&SellerId=YOUR_SELLER_ID_HERE  
&SignatureMethod=HmacSHA256  
&SignatureVersion=2  
&Timestamp=2013-11-27T19%3A01%3A11Z  
&Version=2013-01-01  
&Signature=WlQ708aqyHXMkoUBk69Hjxj8qdh3aDcqpY71hVgEXAMPLE

返金処理に含まれるリクエストパラメータ、レスポンス要素についての詳しい情報は、Amazon Pay APIリファレンスのRefundを参照してください。

返金ステータスの取得

返金処理のレスポンスはRefundStatusと呼ばれるレスポンス要素を含み、最初はPendingにセットされます。インスタント支払通知(IPN)サービス経由でAmazon Payから返金リクエストの最終ステータス(例えば、CompletedDeclined)を後ほど受け取ります。インスタント支払通知(IPN)サービスについての詳しい情報は「システムとAmazon Payの同期」を参照してください。

返金レスポンスで返されたAmazonRefundIdを利用してGetRefundDetailsを呼び出し、返金オブジェクトの詳細を要求することができます。詳しい情報はAmazon Pay APIリファレンスのGetRefundDetailsを参照してください。

返金が成功した場合の購入者メール

返金が成功する毎に、Amazon Payは購入者に返金について詳細な返金通知メールを送信します。

注意:Amazon Payは、送信されるメールの情報のいくつかの部分を設定することを許可しております。例えば、カスタマーサービスメール、電話番号、メモです。これらの詳しい情報は、このガイドの「提供可能な購入者向けのメールコンテンツ」を参照してください。