AVS とは

Alexa Voice Service
最初に知っておきたいこと

Alexaを使えば、AIを使って日常的にエンターテイメントコンテンツを楽しむ、情報を得る、デバイスやサービスを操作するといった未来の世界を垣間見ることができます。今日、ユーザーがAlexa搭載製品に期待する機能は、どこからでもAlexaを呼び出せることです。製品にAlexaを搭載するにあたって、何が必要か、クラウドで何が利用できるのか、製品をどうカスタマイズできるのかを理解する必要があります。こちらの情報をご覧ください。

開発者アカウントを作成する »
AVSについて知る »

  • 対話モデル

    部屋中どこからでも操作、ハンズフリーで操作、ボタンを押す、タップするなど、ユーザーにどんな風にAlexaと対話してほしいかを想像してみてください。

  • ハードウェア要件

    音声を拾うためのマイク配列、AVSクライアントを実行するためのプロセッサー、音声をクラウドに送信するためのインターネット接続、ユーザーに音声を再生するためのスピーカーが必要です。

  • Alexaの機能

    さまざまなクラウドベースの機能やアドオン機能を活用して、ユーザーに満足してもらえるAlexa製品を設計するにはどうすればよいかを検討します。

Alexaデバイスのプロトタイプを作成する

クラウドベースの機能

クラウドに追加される新機能により、Alexaは常に進化しています。デバイス側のクライアントをAlexa Voice Serviceに接続すると、ユーザーはさまざまな情報にアクセスできるようになります。ユーザーはただAlexaに頼めばいいのです。

情報

Alexaでは、最新のニュースを提供する、ユーザーの質問にすばやく答えるといったことが可能です。フラッシュブリーフィング、天気予報、最新スポーツ情報、付近のお店の情報から、1リットルは何カップといった質問の答えまで、Alexaに聞くだけで知ることができます。

メディアのストリーミング

Alexaを通じてAmazon Music、iHeartRadio、TuneIn、SiriusXM、Pandora、Spotify、Audible※といったメディアストリーミングサービスにアクセスできるようにすることで、製品のAlexa体験をさらに充実させることができます。 ※サービス対象地域により対象メディアストリーミングサービスは異なります

利便性の向上

Alexaを使って、キッチンタイマーのセット、目覚ましのアラーム、リマインダーの管理、買い物リストやTo-Doリストの作成、カレンダーの確認といった、日常のさまざまなタスクを効率的にこなすことができます。

スマートホーム

照明やスイッチ、サーモスタット、鍵のロックなど、さまざまな互換性のあるスマートホームデバイスをAlexaで操作できます。ただ頼むだけでいいのです。

クラウドベースのインテリジェンス

AVSは、複雑な自動音声認識(ASR)、自然言語理解(NLU)、テキストの読み上げ(TTS)のプロセスをクラウドで処理します。このため、AIに対応した製品を容易に開発できます。

楽しくて便利なスキル、ゲームなどのAlexaスキル

ドミノピザ、Uber、Jeopardy、スターバックスなど、たくさんのカスタムスキルを、Alexa搭載デバイスで利用できます。

ますます充実した機能

さまざまな種類のデバイスに対応するには、ユーザーが最も使いやすい方法でAlexaを使えるよう機能を充実させる必要があります。Amazonでは、メディアのストリーミング、グラフィカルユーザーインターフェース、能動的な通知といったアドオン機能をデバイスメーカーに提供しています。こうした機能には、最適なユーザー体験をエンドユーザーに提供できるよう、追加の開発作業やテストが必要になります。

  • ディスプレイカード

    画面のあるデバイスに、楽曲や本の「Now Playing」インターフェースを表示したり、気象情報やTo Doリスト、買い物リスト、カレンダーの更新、カスタムスキルなどを表示したりと、音声だけでは伝えきれない情報を視覚的に提供することができます。

    ディスプレイカードの詳細を見る »

  • ローカリゼーション

    Alexa搭載製品を複数の言語モデルと地域、コンテンツに対応させることで、世界中のユーザーにリーチできます。AVSにより、ユーザーはサポートされているさまざまな地域の言語を使ってAlexaに話しかけることができます。

    ローカリゼーションの詳細を見る »

  • 通知

    ユーザーが最新コンテンツを逃さないように、Alexaのスキルやドメインから、Alexa搭載製品にコンテンツを能動的に配信します。

    通知の詳細を見る »

開発者アカウントとAVSデバイスプロファイルを作成する

リソース

Alexa Voice Serviceチュートリアル

以下のチュートリアルで、Alexa搭載デバイスのプロトタイプを作成する方法をご覧ください。

開発を始める »

技術資料

技術資料を読み、Alexa開発者として登録することで、AVSを使う製品の開発を始めましょう。

技術資料を読む »

AVSフォーラム

質問を投稿したり、コメントを共有したり、他の開発者やエンジニアの新しいアイデアを読んだりできます。

AVSフォーラムを見る »

開発者用ツール

SDK、開発キット、システムインテグレーター、ODMソリューションなど、幅広い開発ツールを使って開発できます。

開発者用ツールを見る »

Alexaブログ

AVSの最新ニュース、お知らせ、アップデート情報を知ることができます。

Alexaブログを読む »

FAQs

AVSや新機能について不明な点はありませんか。疑問に対する答えやリソースについては、FAQをご覧ください。

FAQを見る »

Voice Mailに登録する

AVSニュースレター

毎月発行されるニュースレターを購読すると、Alexaの最新ニュースやお知らせをメールで受け取ることができます。