アクセスいただきありがとうございます。こちらのページは現在英語のみのご用意となっております。順次日本語化を進めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
Alexa Blogs

Alexa Blogs

Want the latest?

alexa topics

Recent Posts

Archive

Showing posts tagged with Japan

June 14, 2019

Nahoko Hirabayashi

Alexaスキルのベータテストツールとは、本番環境にリリースする前にスキルをベータ版としてテストするために使用するツールです。今回は、ベータテストの管理者がスキルのテスト実施者(ベータテスター)にテストの実施を依頼する際によくみられる問題2例と解決策をご紹介します。

[Read More]

June 10, 2019

Yuma Matsui

前回の記事ではスキル内課金の開発手順を紹介しました。開発を進める中で様々な疑問も出てくるかと思います。そのような際に参考になるよう、今回の記事ではスキル内課金に関するFAQを紹介します。下記以外のFAQについてはこちらのドキュメントや「スキル内課金のベストプラクティス」の記事も参考にしてください。

 

[Read More]

June 10, 2019

Atsushi Jaye Yanasaka

みなさまが開発されたAlexaスキルは、スキルストアへの公開に当たり、Alexa審査チームが認定審査をさせていただき、 スキルがよいユーザー体験をお届けできるよう、必要に応じてフィードバックをさせていただいています。このブログでは、審査で改善のフィードバックを受けるスキルの傾向を紹介し、事前にご対応いただく方法を紹介します。今回は「サンプル発話」についてです。

[Read More]

May 30, 2019

Motoko Onitsuka

本日、スキル内課金を使ったスキルを日本のAmazon Alexaユーザー向けにも開発できるようになりました。スキル内課金を使うと、開発者やコンテンツクリエーターは、プレミアムコンテンツにスキル内で課金して収益につなげることができます。ユーザーは、スキルとシームレスに対話をしながら、プレミアムコンテンツを購入することができます。スキル内課金を使ったスキル開発はこれまで、米国のユーザー向けのみで可能でした。今回、日本は2カ国目の展開となります。

[Read More]

May 30, 2019

Kazushige Yoshida

ここでは、米国で人気のスキルの開発者から伺った、スキル内課金でプレミアムコンテンツを開発する際の独自のベストプラクティスについてご紹介します。
 
[Read More]

May 30, 2019

Kazushige Yoshida

スキルを介した収益化についてご紹介します。 スキルを介した収益化には、デジタルコンテンツを扱う スキル内課金 と、実際の商品やサービスを扱う Amazon Pay の2つの方法があります。
[Read More]

May 30, 2019

Yuma Matsui

スキル内課金は、Alexaスキル内でデジタルコンテンツに課金できるようにするための仕組みです。この記事では、Alexaスキルにスキル内課金を導入するための手順について説明しますので、ぜひアイデアをふくらませてスキル内課金に取り組んでみましょう。

[Read More]

May 28, 2019

Toshimi Hatanaka

Skill Management API (SMAPI)の Simulation API がアップデートされたことで、Alexaの開発者は、Alexa Skills Kit(ASK)のコマンドラインインターフェース(CLI)を使って、マルチターンの会話をテストできるようになりました。

[Read More]

May 23, 2019

Kazushige Yoshida

トレーニングシリーズ基礎編では、Alexa スキル開発の流れを理解してもらうために、最もシンプルな方法でスキルの作り方をご紹介しました。 今回は、本格的なスキル開発に向けて、より高度な開発の手法をご紹介します。
 
[Read More]

April 18, 2019

Justin Jeffress

私は毎朝出勤するときに、同じコーヒーショップで緑茶ラテを買います。バリスタは過去の経験から私の欲しいものがわかっているので、入店するとすぐに注文を作り始めてくれます。注文を変えて意地悪してみようかとふと思ったりしますが、せっかく作ってくれたおいしい抹茶ラテを台無しにしてほしくはありません。

エクスペリエンスがシンプルにパーソナライズされているので、私はこの店にせっせと通い続けています。同じように、優れたAlexaスキルではパーソナライズされたユーザーエクスペリエンスを提供してくれます。ユーザーは繰り返しそのスキルを利用したいという気持ちになります。

[Read More]

April 15, 2019

Nahoko Hirabayashi

Alexaのスキルを開発する上で、スキルの使用状況を知ることは重要です。今回はお問い合わせでもよくご質問をいただく「ユニークカスタマー」と「スキルの有効化」を中心にご紹介いたします。

[Read More]

April 11, 2019

Atsushi Jaye Yanasaka

ここではユーザー発話の認識を向上させるための、サンプル発話やスロット定義についてのトピックを紹介します。 サンプル発話やスロットに関しては、 こちら を参照してください。

[Read More]

April 05, 2019

Andrea Muttoni

ASM1811-BlogPost-DE-Blue-GameSkillChallenge.jpg

さあ、Alexaで遊べるゲームを開発しましょう。さて、コーディングに入る前に、音声という文脈でスコープを決め、ゲームのアイデアを練り上げるのに役立つ原則をいくつか紹介しましょう。これから紹介する原則は、一般的なゲーム開発にも当てはまる場合があるかもしれません。ただし、ほとんどはAlexa Skills Kitを使った音声操作用ゲーム開発に特化した内容であり、Amazon Alexa音声デザインガイドに記載された音声デザインのベストプラクティスに従う必要があります。

[Read More]

April 04, 2019

Satomi Suzuki

Amazon東京オフィスにて開催 4月18日(木)18:00~受付、18:30~セッション開始

セッション「Alexa搭載で実現する 新しい製品の世界」のご案内

お申し込みはこちらのページより受け付けております。ご参加お待ちしております。

[Read More]

April 02, 2019

Justin Jeffress

実は、ダイアログ管理は私のお気に入りのAlexa Skills Kit機能の1つです。長い時間をかけていろいろな実験をしてきました。スキルの質を高めるコンテキスト切り替え(英語)や柔軟な条件付け(英語)といった便利なテクニックは、こうして開発できたのです。中には、Alexaイベントや@SleepyDeveloperを通して開発者から頂いた質問にインスパイアされたものもあります。Alexa Skills Kitチームでは日々、ダイアログ管理に新しい機能を追加し、更新を行っています。どれもユーザーとのやり取りを向上させるすばらしい機能ばかりです。今日はその中から、インテントチェーンをご紹介します。

 

[Read More]

Want the latest?

alexa topics

Recent Posts

Archive