Alexa Skills Kit   >   もっと学ぶ   >    Alexaフラッシュブリーフィングとニューススキル

Alexaフラッシュブリーフィングとニューススキル

フラッシュブリーフィングとニューススキルのしくみ

ユーザーに、最新ニュースやヘッドラインニュースなど、短いオーディオやテキストを毎日のルーティンの一部として提供しましょう。Alexaなら、毎日のフラッシュブリーフィングを設定するだけで、ニュースやお笑い、インタビュー、リストといったコンテンツを素早くチェックできます。フラッシュブリーフィングを通じてコンテンツを配信するAlexaスキルを作成したり、独自のエクスペリエンスを構築してニュースやその他のコンテンツをユーザーにシェアすることが可能です。

Alexa Flash Briefing
このページの内容:

フラッシュブリーフィングとニューススキルの開発方法

フラッシュブリーフィングスキルAPI

フラッシュブリーフィングスキルAPIを使って、Alexaで利用できるオーディオクリップやテキストフィードを定期的に更新できます。ユーザーは、「アレクサ、ニュースを教えて」「アレクサ、フラッシュニュースを聞かせて」などと言うだけで最新の情報を入手できます。

カスタムスキルAPI

カスタムスキルAPIを使って、より細やかなエクスペリエンスを作成し、コンテンツを配信できます。ユーザーは、カスタムスキルを開いて、ライブのオーディオ配信にアクセスしたり、より具体的にコンテンツやアーカイブ済みのコンテンツを探すことができます。

フラッシュブリーフィングブループリント

スキルを作成する代わりに、Alexa Skill Blueprintsを使ってAlexaにコンテンツを直接アップロードできます。フラッシュブリーフィングブループリントは、基本的なエクスペリエンスを提供する最も簡単な方法です。(日本語未対応)

line-break

フラッシュブリーフィングとニューススキルの例

フラッシュブリーフィングとニューススキルの開発を始める

スキル開発を始めてみませんか? フラッシュブリーフィングとニューススキルの開発に関するドキュメントを読んで、Alexa Skills Kitを使ったスキルの開発を始めましょう。

フラッシュブリーフィングとニューススキルに関するよくある質問

Alexa Skill Blueprintsを使って作成した場合と、フラッシュブリーフィングスキルAPIを使って作成した場合では、スキルに違いがありますか?

フラッシュブリーフィングスキルAPIを使った場合もフラッシュブリーフィングブループリントを使った場合も、ユーザーは「アレクサ、今日のニュースは?」「アレクサ、フラッシュニュースを聞かせて」などと言うだけでコンテンツにアクセスできます。 ただし、ユーザーエクスペリエンスは同じでも、スキルの開発や管理の方法には違いがあります。APIでは1つのフラッシュブリーフィングスキルで複数のオーディオフィードを管理し、開発者コンソールで提供される分析によりユーザーの使用状況を把握できます。ブループリントでは、個別にインターネットフィードを提供しなくても、オーディオやテキストを直接Alexaにアップロードできます。

 

フラッシュブリーフィングスキルAPIを使って開発を始めるにはどうすればよいですか?

まず、フラッシュブリーフィングスキルAPIのドキュメントをお読みください。フラッシュブリーフィングコンテンツを新しいスキルとして設定する方法が詳しく説明されています。

 

「フラッシュブリーフィングスキル」と「カスタムスキル」の違いは何ですか?

カスタムスキルでは、音声対話モデルを作成してユーザーリクエストを処理します。フラッシュブリーフィングスキルAPIでは、音声対話モデルを作成する必要がありません。ユーザーはフラッシュブリーフィングスキルを有効にして、「アレクサ、ニュースを教えて」と言うだけでフラッシュブリーフィングにアクセスできます。

 

フラッシュブリーフィングスキルとカスタムスキルの両方を作成することはできますか?

はい。サポートされている発話を追加したり、コンテンツの読み上げや再生以外の機能を提供する場合は、カスタムスキルを作成することもできます。ただし、カスタムスキルのコンテンツをユーザーへのフラッシュブリーフィングの一部として提供することはできません。