Alexa Blogs

Alexa Blogs

Want the latest?

alexa topics

Recent Posts

Archive

Showing posts by Toshimi Hatanaka

May 28, 2019

Toshimi Hatanaka

Skill Management API (SMAPI)の Simulation API がアップデートされたことで、Alexaの開発者は、Alexa Skills Kit(ASK)のコマンドラインインターフェース(CLI)を使って、マルチターンの会話をテストできるようになりました。

[Read More]

January 24, 2019

Toshimi Hatanaka

すべての開発者がAlexa-hostedスキルのベータ版を使用できるようになりました。Alexa-hostedスキルとは、スキルのバックエンドサービスにAWSクラウドリソースを自動的にプロビジョニングして管理する、新しい機能です。Alexa-hostedスキルでは、スキルの作成、編集、公開がすべてAlexa開発者コンソールで完結します。

[Read More]

December 05, 2018

Toshimi Hatanaka

会話型スキルの開発方法をお届けする3回シリーズの最後の回です。今回はダイアログモデルに新しく追加されたスロット検証機能について解説します。ユーザーが提供するスロットの値が有効かどうかを検証し、有効でなかったらもう一度ユーザーに聞き返す処理をAlexaが自動で行うようにする方法です。

[Read More]

December 03, 2018

Toshimi Hatanaka

会話型スキルの開発方法をお届けする3回シリーズの2回目です。今回はダイアログモデルを使用してユーザーにスロットの値を確認する方法、及びそのスロットの値に応じてAlexaの次の応答を動的に変化させる方法を学びます。

[Read More]

December 01, 2018

Toshimi Hatanaka

このほど、Alexa Skills Kit(ASK)コマンドラインインターフェース(CLI)とASK Toolkit for Visual Studio (VS) Codeを使って、Pythonベースのスキルを作成し、デプロイできるようになりました。これにより、新しいスキルを作成する際に、ASK CLIとASK Toolkit for VS CodeからPythonテンプレートにアクセスし、使用するランタイムを選択できるようになるため、簡単にPython Alexaスキル開発を始められます。

[Read More]

November 27, 2018

Toshimi Hatanaka

ダイアログモデルを使用すると、マルチターンの会話スキルを簡単に開発できます。1つ以上のインテントのスロットで、このインテントを完了させるためこのスロットは必須ですか?を選択すると、Alexa音声サービスはダイアログの状態と収集する必要がある必須スロットを常に追跡します。バックエンドがDialog.Delegateディレクティブを返すと、Alexa音声サービスは自動的に次のスロットを入力するよう促します。次の候補を上書きする場合は、Dialog.ElicitSlotディレクティブを使用します。

[Read More]

November 05, 2018

Toshimi Hatanaka

AMAZON.CreativeWorkTypeAMAZON.FoodAMAZON.Sport、および AMAZON.VideoGame のビルトインスロットタイプがすべてのAlexaをサポートするリージョンで使用できるようになりました。これらのスロットと他のビルトインスロットのタイプを使用して、スキルの開発時間を節約し、ユーザー体験を向上させることができます。現在これらのスロットタイプはパブリックベータですが、スキルに適用してスキルストアに公開することができます。

[Read More]

September 29, 2018

Toshimi Hatanaka

 

Alexaスキルアワード2018のファイナルステージ(決勝審査会)が9月29日、東京・目黒のアマゾンジャパン本社で開かれました。Alexaスキルアワードは、日本で初めてのAlexaスキルコンテストで、6月13日から8月27日の応募期間に365もの作品をご応募いただきました。受賞者として選ばれた方々のスキルをご紹介します。

[Read More]

September 05, 2018

Toshimi Hatanaka

amazon polly

このたびAlexaで2種類の日本語音声を含む、Alexaがサポートするすべての国・地域で合計27種類ものAmazon Pollyの音声が使えるようになりました。Amazon Pollyを使うと、スキルのエクスペリエンスが向上し、ユーザーのエンゲージメントもさらに上がることが期待されます。

[Read More]

June 29, 2018

Toshimi Hatanaka

Alexa Skills Kit (ASK) Software Development Kit (SDK) for Python (beta) がリリースされました。Python SDK は Java 及びNode.js SDKと同じ機能をサポートし、AlexaからのリクエストやAlexaへのレスポンスを処理するために書かなければならないプログラムコードの量を大幅に減らすことができます。Pythonでプログラムを書ける方なら、このSDKを使うことで、Alexaや拡張性の高いPythonのライブラリやツールを活用した音声体験を素早く開発し公開することができます。

[Read More]

June 20, 2018

Toshimi Hatanaka

日本のお客様へのEcho Spot の発売開始がアナウンスされました。 Echo Spot は音声のパワーにビジュアルディスプレイをコンパクトなデザインの中に組み合わせることで、より魅力的な音声体験をお客様にお届けすることができます。このブログ記事では、Echo Spot向けに魅力的な音声ファーストのスキルを構築する方法を解説します。

[Read More]

January 09, 2018

Toshimi Hatanaka

Alexa Skills Kit を使って Alexa のスキルを開発を行っていく中で、せっかく作ったスキルがAlexaアプリのスキル一覧に表示されず、Echoデバイスでテストできないというトラブルがよく発生します。正しいステップで開発者アカウントを作成すればこの問題を避けることができます。この記事では開発者アカウントを作る際の注意点について説明しています。

[Read More]

December 26, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズの番外編です。Alexaからのレスポンスで話す音声をSSMLを使って調整する方法と、スキルが正常に動作するかを確認するためのスキルのテスト方法をご紹介します。

[Read More]

December 21, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第6回では、スキルを公開するための申請について学習します。

[Read More]

December 06, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第5回では、Alexaスキルと外部のWebシステムとの連携に利用するアカウントリンクとホームカード機能について学習します。

[Read More]

Want the latest?

alexa topics

Recent Posts

Archive