あなたのAlexaダッシュボード 設定

開発する

Alexa Voice Service
(Invite-Only Developer Preview)

AVSを使った開発

AVS Device SDK | 開発キット | AVS API

皆様の音声対応コネクテッド製品にAlexaを実装してください。Alexaは機械学習、定期的な機能アップデート、カスタムスキルを通じて、より新しい機能やサービスを追加しながら絶えず進化しています。AVSの音声認識エンジンと音声認識機能はクラウド上に組み込まれているため、API経由で簡単にご利用いただけます。そのため、開発者様が製品設計において煩わしさを感じることがありません。Alexa搭載製品を開発者様がすばやく簡単に開発できるよう、ソフトウェアとハードウェアの開発ツールもご提供しています。

入門ガイド »

AVS Device SDK

AVS Device SDKでは、音声入力やトリガーを処理し、AVSとの間で常に接続を確立して、Alexaが行うすべての対話を処理することができるC++ベースのライブラリを提供します。このSDKには、Alexaの主要な機能を扱うAVS APIが利用されています。そのため、音声認識と音声合成のほか、コンテンツのストリーミング、タイマーやアラームの設定、情報の通知や配信、天気予報の取得、数千件ものカスタムスキルなど様々な機能に対応可能です。

詳細情報 »

AVSの開発キット

Alexa Voice Service (AVS)の開発キットは、皆様の製品にAlexaを実装するために必要な要素が全て詰め込まれたリファレンスソリューションです。開発キットには、チップセットや音声処理技術のほか、AVS APIを活用したクライアントソフトウェアが含まれています。音声対応の製品を簡単に開発できるだけでなく、開発コストを下げ、実装プロセスを短期間化することが可能です。これらのソリューションは、様々な機能やコスト、ユースケースに幅広く対応しているため、製品ニーズに最適な音声認識フロントエンドソリューションをお選びいただけます。

利用可能な開発キットを見る »

AVS API

AVSはプログラミングインターフェースを備えており、製品のオペレーティングシステムに関係なく、クラウドベースのサービスにアクセスすることができます。それぞれのインターフェースは論理的にグループ化された「ディレクティブ」と「イベント」と呼ばれるメッセージで構成されていて、製品とAVSクラウドとが直接やり取りすることが可能です。Alexaの主要な機能である音声認識や音声合成のほかに、音楽のストリーミング、タイマーとアラーム、通知、天気予報、スキルといった機能を提供いたします。これにより、端末からの発話をキャプチャし、クラウド上で処理を行い、リクエストに適した応答を再生することが可能となります。

詳細情報 »

次のステップ