あなたのAlexaダッシュボード 設定

マーケティングガイドライン

Amazon Alexa搭載製品を開発いただき、ありがとうございます。Amazon Alexaに関心をお寄せていただいたことを大変嬉しく思うとともに、皆様の製品が世の中に登場する日を心待ちにしております。本ページは、皆様が展開するマーケティング (パッケージ、宣伝用の資料、広告など) にAmazon Alexaのブランドとメッセージを組み込む方法と流れを示したものです。マーケティングに関する推奨事項や機会についても要点を取りまとめています。

マーケティング承認プロセス

Amazon Alexaに言及するすべてのマーケティング資料 (プレスリリース、パッケージ、陳列棚、ウェブサイト、クラウドファンディングサイト、Amazon商品詳細ページのコンテンツ、ビデオなど) は、使用する前にavs-marketing-review@Amazon.com宛てに送付して承認を得る必要があります。マーケティング承認プロセスには最大10営業日ほどかかる場合があります。

資料

次のパッケージには、Amazon Alexaバッジに関するアセットとガイドラインが含まれています。

Amazon Alexa Badge Assets and Badge Guidelines(Amazon Alexaバッジのアセットとガイドライン)

Amazon Alexaバッジのアセットとガイドラインは、「Alexa資料」として提供されています。これらの資料の使用はAlexa Voice Service Terms and Agreementsに従う場合に限り承諾され、かかる規約に拘束されることに同意されたものと見なされます。

Amazon Alexaのブランドとメッセージングに関するガイドライン

以下に示したのは、Amazon Alexaのアセットをマーケティングとプロモーション活動に組み込む方法についてのガイドラインです。いずれの資料も公開には承認が必要となります。

奨励事項

  • Amazon AlexaバッジのすべてのガイドラインおよびAlexa Voice Service Terms and Agreementsに隅々まで目を通し、遵守する。
  • Alexaに関して承認されている説明と発話を用いる(「Alexaについて言及する方法」を参照)。
  • 「Amazon Alexa」に言及するパッケージとマーケティング資料 (PRも含む) はすべて提出してAmazonの承認を得る。
  • パッケージ、オンラインプレイスメント、マーケティング販促物に「Amazon Alexa」バッジを組み込む。
  • 製品パッケージにAmazon Alexaバッジを使用するときは、必要な文言 (「Amazon, Alexa and all related logos are trademarks of Amazon.com, Inc. or its affiliates. 」) を含める。
  • Alexaの発話については、Amazonによって承認されたものを使用する。発話された内容が対象端末で適切に機能することを確かめる。

禁止事項

  • Alexaを説明するときやAlexaそのものを示す文脈で「パーソナルアシスタント」や「仮想アシスタント」という言葉は使わない。
  • AmazonやAmazon Alexaとの関係を「パートナーシップ」として言及しない。
  • 13歳未満の子供や13歳未満に見える子供 (以下「子供」といいます) がAlexaを使用している様子をマーケティング資料に掲載しない。マーケティング資料に家族や子供を掲載することはできますが、子供がAlexaと対話する様子は決して掲載しないこと。また、Alexaサービスを子供向けであるかのように描写することも絶対に避けること。
  • あからさまに子供の興味をそそるような方法で対象端末のマーケティングを行うことは避ける。たとえば、両親に端末の購入をせがむように仕向けるようなマーケティングは行わないこと。
  • Alexa対応のサードパーティサービス (TuneIn、SmartThingsなど) のロゴを、当該サービスからの許可なくマーケティングやパッケージに使用しない。

Amazon Alexaバッジの使用法

プライマリ

Logo usage.

セカンダリ

Logo usage.

上記Amazon Alexaバッジの要素からAlexaアイコンだけを切り離して使用することは避けてください。Amazon Alexaバッジを他の広告文やテキストの一部として使用することも避けてください。

外出にもAmazon Alexaを!

上記Amazon Alexaバッジは「Alexa資料」として提供されています。これらの資料の使用は[Alexa Voice Service Terms and Agreements]{avs-terms-and-agreements}に従う場合に限り承諾され、かかる規約に同意されたものと見なされます。使用にあたっては、必要な文言 (「Amazon、Alexa及び関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。」) を含めるようにしてください。関連するAmazonブランド (Audible、Amazon Prime Music、Amazon Appstoreなど) に帰属する図像を使用する場合は、マーケティング承認プロセスの一環として許可を申請する必要があります。

Alexaについて言及する方法

Alexaとは

Alexaは、Amazonのクラウドベースの音声サービスです。

Alexaについての簡単な説明

[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます。Alexaに頼んで、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末を制御することができます。

Alexaについての詳細な説明 (ハンズフリー)

[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます。Alexaに頼んで、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末を制御することができます。Alexaはクラウドに存在するため絶えず進化しています。新たに追加された機能は、お使いの端末にこちらから自動的にお届けします。Alexaは、[製品名]からハンズフリーで簡単にお使いいただけます。ただ話しかけるだけで、Alexaがすぐに対応します。

Alexaについての詳細な説明 (タップトゥトーク)

[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます。Alexaに頼んで、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末を制御したりすることができます。Alexaはクラウドに存在するため絶えず進化しています。新たに追加された機能は、お使いの端末にこちらから自動的に追加されます。Alexaは、[製品名]から簡単にお使いいただけます。タッチして話しかけるだけで、Alexaがすぐ対応します。

Alexaについての詳細な説明 (プッシュトゥトーク)

[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます。Alexaに頼んで、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末を制御したりすることができます。Alexaはクラウドに存在するため絶えず進化しています。新たに追加された機能は、お使いの端末にこちらから自動的に追加されます。Alexaは、[製品名]から簡単にお使いいただけます。ボタンを押しながら話しかけるだけで、Alexaがすぐに対応します。

  • Alexa Voice Serviceの一部の機能については、商用製品からアクセスする場合に、Amazonによる認定が必要となります (音楽など)。皆様の製品で使うAlexaの説明は、端末の実際の機能に応じて変更してください。

Amazon.co.jpの出品ページに表示される端末の名称について

出品ページにおける名称には、「[ブランド名] + [製品名] + [with Amazon Alexa] + [パッケージタイプ (該当する場合)] + [色/スタイル/サイズ (該当する場合)]」という形式をお使いください。

Amazon.com製品詳細ページの全ルールは、こちらでご覧いただけます。

Alexa搭載製品であることを示す表現について

製品にAlexaが実装されていることは、「with Amazon Alexa」で表現してください (例1: 「[製品名] with Amazon Alexa」)。

Alexaとの対話方法を示す表現について

端末がAlexaと連携することは、「Alexa搭載」と表現してください (例: 「[製品名] はAlexa搭載により、ただ一言声で頼むだけで…」)。

####Alexaの発話の使用について**

発話とは、「アレクサ、天気予報を教えて」のように、Alexaのアクションのきっかけとなるコマンドです。Alexaアプリの「Things To Try」(試してみよう)セクションに記載されている承認済みの発話を使用してください。その他の発話をマーケティング資料で使う場合は、マーケティング承認プロセスを通じて承認を得る必要があります。また、Amazonのスキル開発者コミュニティによって作成されたAlexaスキルをフィーチャーした発話の使用もお勧めしますが、それらについては、マーケティング承認プロセスを通じてAmazonの承認を得る必要があります。発話にはウェイクワードである「アレクサ」を含めるようにしてください。

「アレクサ、アデルを再生して」や「アレクサ、昨夜ニューヨーク・ジャイアンツは勝った?」など、商標登録された名前をマーケティング資料で使用する場合は、商標権の所有者から書面による同意を得たうえで、その証拠をマーケティング承認申請と併せてAmazonにご提出ください。

ソーシャルメディアにおけるAlexaの使用について

ソーシャルメディアへの投稿には、ハッシュタグ「#AskAlexa」を是非お使いください。

パッケージ開梱時の体験についての推奨事項

Alexaクイックスタートガイド

製品のパッケージには、物理的な「Alexaクイックスタートガイド」を同梱することをお勧めします。このガイドでAlexaの価値をユーザーに伝えるとともに、Alexaの基本操作をわかりやすく説明する必要があります。使用承認済みの参考デザインは、こちらから入手できます。

  • Alexaクイックスタートガイドは、製品を開梱したユーザーがすぐに目にする位置に梱包する。
  • 対象端末がAlexa搭載であることをユーザーに伝える (例: 「[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます」)。
  • 端末の用途を引き立てるAlexaの機能を明解にする (例1: 「Alexaを使って [製品名] 上の音楽を声で制御しましょう」 / 例2: 「Alexaを使って [製品名] のサーモスタットを声で制御しましょう」)。
  • 端末にAlexaを登録するためのインストラクションを提供する。
  • 適切な発話の例を少なくとも3つ含める。発話については、[こちら] をお読みください。
  • Amazon AlexaアプリをApple App Store®やGoogle Play™ストアからダウンロードすることによってユーザーが得られる価値を強調する。

パッケージについての推奨事項

端末にAlexaが搭載されている旨をパッケージの外側に記載することをお勧めします。製品のパッケージに関するガイドラインは次のとおりです。

  • パッケージの外側から「Amazon Alexa」のロゴが見えるようにする。
  • 端末に搭載されたAlexaとの対話方法を説明する。Alexaの操作方法がハンズフリーの場合は「話しかけるだけで」を、プッシュトゥトークの場合は「ボタンを押しながら話しかけるだけで」を、タップトゥトーク (タブレット端末など) の場合は「タッチして話しかけるだけで」をそれぞれキャッチフレーズとして使用する。
  • 対象端末でサポートされているAlexaの機能がわかるURLを記載する (例: 「本端末ではAlexaの一部の機能がご利用いただけない場合があります。詳しくは、www.[みなさんの製品ウエブサイト].comをご覧ください」)。端末のウェブプレゼンスについての推奨事項については、次のセクションで詳しく説明しています。

ウェブプレゼンスについての推奨事項

皆様の端末にAlexaが搭載されていることについて、販促やマーケティングページ、あるいはコマースサイト (Amazon.co.jpを含む) で大々的に扱うようお勧めします。端末のウェブプレゼンスに関するガイドラインは次のとおりです。

  • Alexaを紹介する。推奨される広告文については、前出の「Alexaについて言及する方法」を参照してください。
  • 端末がAlexa搭載であることをユーザーに伝える (例: 「[製品名]でAmazon Alexaに話し掛けることができます」)。
  • 端末の用途を引き立てるAlexaの機能を強調する (例1: 「Alexaを使って [製品名] 上の音楽を声で制御しましょう」 / 例2: 「Alexaを使って [製品名] のサーモスタットを声で制御しましょう」)。端末に搭載されたAlexaとの対話方法を説明する。Alexaの操作方法がハンズフリーの場合は「話しかけるだけで」を、タップトゥトークの場合は「タッチして話しかけるだけで」を、タッチトゥトークの場合は「ボタンを押しながら話しかけるだけで」をそれぞれキャッチフレーズとして使用する。
  • 啓発ビデオコンテンツを使用してAlexaの使い方をユーザーにわかりやすく伝える (Alexaの「ためしてみよう!」ビデオは使用承認済み)。
  • 広く使われているAlexaの機能が端末で利用できない場合は、ユーザーにその旨を伝える。

端末またはコンパニオンアプリを初めて実行するときの体験について

端末またはコンパニオンアプリの初回実行時には、Alexaのセットアップ画面と認証画面を含める必要があります。これらの画面でAlexaの価値をユーザーに伝えられるとともに、そのAmazonアカウントに端末を接続することができます。Alexaのセットアップ/認証ガイドラインと参考デザインは、こちらからダウンロードできます。また、AVS UX設計ガイドラインについては、こちらをお読みください。

マーケティングの推奨事項と機会

Amazon Alexa認定製品を発売するにあたり、次のマーケティング活動の展開をお勧めします。

  • プレスリリースまたはメディアブリーフィング
  • 店舗内で販売時に配布する販促物やパッケージへの「Amazon Alexa」バッジの追加
  • ソーシャルメディアやメールによる顧客ベースの拡大
  • 知名度を高めてAmazon詳細ページへのトラフィックを増やすデジタルキャンペーンまたはソーシャルキャンペーン
  • 「Amazon Alexa」バッジまたはメッセージを不特定多数に広告 (印刷物、テレビ、OOH、ラジオなど)
  • Alexaの使い方についての顧客啓発 (基本的な発話や承認されたスキルの使用など)。その伝達手段としては、製品のパッケージ、メール、クイックスタートガイド、ユーザーガイドなどが考えられます。皆様が展開するさまざまなマーケティングチャネルでAmazonの各種ページ (「ためしてみよう!」「Alexaスキルガイド」「Alexaスマートホーム」など) を紹介し、Alexaを最大限に活用する方法をユーザーに伝えてください。

リソース