例外メッセージ



例外メッセージ

エラーが発生すると、不正な形式のイベントであるかリクエストが多すぎるかにかかわらず、AVSはクライアントに例外codedescriptionを含むメッセージを返します。descriptionには、ログやトラブルシューティングに役立つエラーの詳細が含まれていることがあります。descriptionnullの可能性もあります。

以下は、AVSから返される例外のサンプルです。

例外のサンプル

{
    "header": {
        "namespace": "System",
        "name": "Exception",
        "messageId": "{{STRING}}"
    },

    "payload": {
        "code": "{{STRING}}",
        "description": "{{STRING}}"
    }
}

ヘッダーのパラメーター

パラメーター 説明
messageId 特定のメッセージを表すのに使用される一意のID。 string

ペイロードのパラメーター

パラメーター 説明
code エラーが検出されたときに返される例外コード。 string
description ログやトラブルシューティング用のその他の詳細。AVSでは、このパラメーターはオプションであり、JSONに含まれない場合があります(またはnullとして返される場合があります)。 string
コード HTTPステータスコード 説明
INVALID_REQUEST_EXCEPTION 400 リクエストが不正な形式です。
UNAUTHORIZED_REQUEST_EXCEPTION 403 リクエストは認可されていません。
THROTTLING_EXCEPTION 429 Alexa Voice Serviceへのリクエストが多すぎます。
INTERNAL_SERVICE_EXCEPTION 500 内部サービスの例外。
N/A 503 Alexa Voice Serviceは利用できません。

その他のインターフェース

このドキュメントの最初に戻り、右側のサイドバーから、その他のインターフェースを参照してください。

リソース