VisualActivityTrackerインターフェース(v1.0)

フォーカス管理により、特にユーザーのリクエストがあいまいな場合のAlexaからの応答の精度が向上しました。フォーカスはクラウドで管理されます。クライアントは、ビジュアルチャンネルのフォーカスがインターフェースにあることをAlexaに通知するだけです。この状態情報は、VisualActivityTracker名前空間のcontextコンテナで送信されます。

一般的な使用例と、チャンネルマッピングのすべてのインターフェースについては、フォーカス管理を参照してください。

機能API

VisualActivityTrackerインターフェースのバージョン1.0を使用するには、機能APIの呼び出し内で宣言する必要があります。詳細については、機能APIを参照してください。

{
    "type": "AlexaInterface",
    "interface": "VisualActivityTracker",
    "version": "1.0"
}

VisualActivityTrackerのコンテキスト

このコンテキストオブジェクトは、クライアントがAlexaが提供するコンテンツをユーザーに対してアクティブに表示していることをAlexaに知らせます。Alexaコンテンツが消去された場合、VisualActivityTrackerをコンテキストに含めることはできません。

{
    "header": {
        "namespace": "VisualActivityTracker",
        "name": "ActivityState"
    },
    "payload": {
        "focused": {
            "interface": "{{STRING}}",
        }
    }
}

ペイロードのパラメーター

パラメーター 説明
focused 現在ビジュアルフォーカスがあるインターフェースについての情報を含むオブジェクトです。 オブジェクト
focused.interface ビジュアルフォーカスがあるインターフェースを表します。
有効な値:"TemplateRuntime"
文字列