PlaybackControllerインターフェース(v1.0)

PlaybackControllerインターフェースでは、音声リクエストを介してではなく、クライアント上のボタンの押下またはGUIアフォーダンスによる再生キューの操作の一連のイベントを提供しています。

機能API

PlaybackControllerインターフェースのバージョン1.0を使用するには、機能APIの呼び出し内で宣言する必要があります。詳細については、機能APIを参照してください。

オブジェクトのサンプル

{
    "type": "AlexaInterface",
    "interface": "PlaybackController",
    "version": "1.0"
}

PlayCommandIssuedイベント

PlayCommandIssuedイベントは、ユーザーがクライアント上のボタンの押下またはGUIの同等の機能を使用してメディアアイテムの再生を開始または再開したときに送信される必要があります。

サンプルメッセージ

{
    "context": [
        // This is an array of context objects that are used to communicate the
        // state of all client components to Alexa.See Context for details.
    ],
    "event": {
        "header": {
            "namespace": "PlaybackController",
            "name": "PlayCommandIssued",
            "messageId": "{{STRING}}"
        },
        "payload": {
        }
    }
}

コンテキスト

このイベントでは、製品がAlexaに対して、すべてのクライアントコンポーネントのステータスをコンテキストオブジェクトに格納して伝えなければならない。コンテキストを参照してください。

ヘッダーのパラメーター

パラメーター 説明
messageId 特定のメッセージを表すのに使用する一意のIDです。 文字列

ペイロードのパラメーター

空のペイロードを送信する必要があります。

PauseCommandIssuedイベント

PauseCommandIssuedイベントは、ユーザーがボタンの押下またはGUIの同等の機能を使用してメディアアイテムの再生を一時停止したときに送信されます。PauseCommandIssuedが送信されると、クライアントはStopディレクティブを受信するまで待機してからローカルのメディアアイテムの一時停止または停止を行う必要があります。

サンプルメッセージ

{
    "context": [
        // This is an array of context objects that are used to communicate the
        // state of all client components to Alexa.See Context for details.
    ],
    "event": {
        "header": {
            "namespace": "PlaybackController",
            "name": "PauseCommandIssued",
            "messageId": "{{STRING}}"
        },
        "payload": {
        }
    }
}

コンテキスト

ここのイベントでは、製品がAlexaに対して、すべてのクライアントコンポーネントのステータスをコンテキストオブジェクトに格納して伝えなければならない。その他の情報については、コンテキストを参照してください。

ヘッダーのパラメーター

パラメーター 説明
messageId 特定のメッセージを表すのに使用する一意のIDです。 文字列

ペイロードのパラメーター

空のペイロードを送信する必要があります。

NextCommandIssuedイベント

NextCommandIssuedイベントは、エンドユーザーがクライアント上のボタンの押下またはGUIの同等の機能を使用して、再生キューの次のメディアアイテムにスキップしたときに送信される必要があります。次のメディアアイテムは、クライアントがAlexaからPlayディレクティブを受信したときにのみ再生される必要があります。

サンプルメッセージ

{
    "context": [
        // This is an array of context objects that are used to communicate the
        // state of all client components to Alexa.See Context for details.
    ],
    "event": {
        "header": {
            "namespace": "PlaybackController",
            "name": "NextCommandIssued",
            "messageId": "{{STRING}}"
        },
        "payload": {
        }
    }
}

コンテキスト

このイベントでは、製品がAlexaに対して、すべてのクライアントコンポーネントのステータスをコンテキストオブジェクトに格納して伝えなければならない。その他の情報については、コンテキストを参照してください。

ヘッダーのパラメーター

パラメーター 説明
messageId 特定のメッセージを表すのに使用する一意のIDです。 文字列

ペイロードのパラメーター

空のペイロードを送信する必要があります。

PreviousCommandIssuedイベント

PreviousCommandIssuedイベントは、ユーザーがクライアント上のボタンの押下またはGUIアフォーダンスの機能を使用して、再生キューの前のメディアアイテムにスキップしたときに送信される必要があります。

サンプルメッセージ

{
    "context": [
        // This is an array of context objects that are used to communicate the
        // state of all client components to Alexa.See Context for details.
    ],
    "event": {
        "header": {
            "namespace": "PlaybackController",
            "name": "PreviousCommandIssued",
            "messageId": "{{STRING}}"
        },
        "payload": {
        }
    }
}

コンテキスト

このイベントでは、製品がAlexaに対して、すべてのクライアントコンポーネントのステータスをコンテキストオブジェクトに格納して伝えなければならない。その他の情報については、コンテキストを参照してください。

ヘッダーのパラメーター

パラメーター 説明
messageId 特定のメッセージを表すのに使用する一意のIDです。 文字列

ペイロードのパラメーター

空のペイロードを送信する必要があります。